Epos Gold Invitationが届いたら乗るべきか。

金融

丸井(クレジット業はエポス)からGoldカードへのインビテーションが届いた。

エポスカードは還元率こそ高くないが、無料カードのわりに飲食店やカラオケ等が安くなったり海外旅行保険が付いたり利便性の高いカードである。

エポスカードゴールドは最強のメインカードだった
エポスカードゴールドは最強のサブカードだと常々書いてきた。 メインになりえないのは0.5%というポイント還元率の低さだったのだが、昨今多くの高還元を謳うクレジットカード、例えば漢方スタイルクラブカードやリクルートカードプラス等が発行終...

Eposのゴールドが出たのは去年の夏ごろで、かなり謎に包まれた仕様だった。
通常のエポスカード利用者で継続的に使っていれば”年会費無料の招待状が届く”事がある。という事以外Webに情報は無く、インビテーションが届いた者にしか分からない。

さらに年間100万円近く使っている人に来ないのに、月数千円の公共料金の支払い程度にしか使ってない人に来たりと謎仕様の模様・・・。

 

のちに希望者には年会費5000円で発行するようになり、
一般公開されたため仕様が分かってきた。

シダックス等での提示割引は一般カードと同様に存在する。(割引率も変わらない)
一般カードと違うのは年間50万円使用で500ポイント(2500円分)のボーナスポイント。
100万円利用で2000ポイント(1万円分)のボーナスポイントが手に入る。
つまり基本Eposは0.5%だが、100万円ジャストの利用で1.5%のそこそこのカードになるのだ。
無料でこの還元率はなかなか無い。

100万円も使うかよって思うかもしれないが、あなたが一人暮らしであれば意外といくものだ。
今の自分の収入と、1年間働いて貯金出来た額を考えてみると分かるが、
100万円はむちゃな金額ではない。なんだかんだで使っているのである。
(まぁ半分はクレジット払い出来ない家賃だけど)
まず、公共料金とネット台で月1万円程度。年間12万円。
最近では西友やイトーヨーカドー等サインのいらないスーパーが増えたので、
晩ご飯や飲み物等1日1000円として単純計算年間36万円。
飲み会の幹事やTVやスノーボードや靴、旅行代金等全部同じカードで支払えば
100万円くらいいくものである。(カード慣れするまでが大変だが。)

海外旅行傷害保険は1000万円。
国内空港ラウンジ

ラウンジは下記6空港に対応する。

 

  • 国内空港ラウンジ
  • 成田国際空港:第1旅客ターミナル本館5F
  • 第2旅客ターミナル本館4F
  • 羽田空港:第1旅客ターミナル1F中央、2F南・北
  • 第2旅客ターミナル3F・4F
  • 新千歳空港:ターミナル4F
  • 那覇空港:旅客ターミナル1F

海外空港ラウンジ

  • ハワイ・ホノルル国際空港:セントラルコンコース
  • 韓国・仁川国際空港:ターミナル4F

その他、海外旅行の際の電話での簡易コンシェルジュ的なサービス、トラブルに
巻き込まれた際の現地警察へのコール等、ゴールドでよくあるサービスは一通りある。

飛行機に乗るのであれば年会費5000円支払う価値も見いだせる。
ネットで情報を見ていると、普段さほど利用していなくても、パソコンや車検など、
10万円程度の決済を行えば無料インビテーションが来る確率が上がるようだ。
まずはエポスカードをメインにしてインビテーションが来るのを待ってみよう。

コメント