オンラインストレージ超活用法2010!

Uncategorized

※この記事は西尾が自身のWebSite、Exite Blog、mixi日記に記載したものの中で特に評判が高かったものを転機・当時の内容は変えずに再編集しています。抜き出しのため意味が分かりにくいものもありますがご了承ください。

クラウド時代が本格化した! と、iPhoneを使うようになり本当にそう思うようになった。

しかしその前提でいくと本当iPhoneはクソである。 何故自称「通」の人達はDoCoMo版iPhoneを望むのか分かる気がする。

私のDoCoMo携帯がバリ5な状態でもiPhoneは圏外。 特に圏外からの復帰が遅いので 地下鉄乗っている時がウザい。

駅で止まっている間にYouTube動画をロードしたいのに、 全然電波が入らず、ドアが閉まって発車し出したくらいで電波が入る。 そしてすぐにまた圏外になる。
復帰まで1分くらいかかるイメージ。

そして、ほとんどの機能がネットワークに繋がっている事前提なので、 圏外では本当に使い勝手の悪いiPodにしかならない。

DoCoMoの電波を使いたい。確かに言い得て妙だ。 言い得て妙の使い方微妙に間違っているな。 つまりソフトバンクの悪口だ。
さて、iPhoneは本当にオンラインストレージと相性が良い。
有名所だと、

    Windows Live SkyDrive
    N Drive
    DropBox
    Sugar Sync
    EverNote

画像だけでいくと

    Picasa
    Facebook

等など、無数のサービスがある。
全てのサービスが良いところと微妙なところがあるので使いこなせればいいが、 多分そこまで必要無いので、 SkyDriveとDropBoxを推したい。

スポンサーリンク

[ SkyDrive ]

SkyDriveはMicroSoftが提供する25GBのオンラインストレージだ。
25GBってハンパ無い。
俺は1999年からデジカメで写真を撮っているが、2010年今日現在までの容量は14.5GBだ。Skydriveならまだまだ入る。

なのでSkyDriveは写真の保管庫にしてしまおう。 写真の保管に良い理由として、ドラッグアンドドロップ(D&D)でアップロード可能なインターフェイスがあげられる。

ただし、インターネットエクスプローラ(IE)でないとD&Dに対応していないため、 FireFoxの場合はCoral IE等のアドオンを入れないと使えない。

注意しないといけないのは、 設定を非公開にしておかないとメールアドレスさえ知っていれば他人に見られてしまう。しっかり非公開にしておこう。

[ DropBox ]

DropBoxは2GBのストレージがもらえるサービスだ。

上のリンクからアカウント取得すると、2GB+250MBのボーナスがもらえる。
友達を紹介してアカウント取得するごとに250MBがプラスされ、最高容量は10GBまであがる。(32人に紹介した場合。)

で、これだけだと、Skydriveの25GBに到底及ばないのに何が良いか一言で言えば、アップロードしているという感覚無しに使える事。だ。

外出先で、あの自分のPCに保存したファイル見たい!と思った事は無いだろうか?
DropBoxをインストールすると、デスクトップにMy Dropboxというフォルダが出来る。
これをマイドキュメントにファイルの保存するようにMyDropboxに入れればその中に入れたデータは勝手にアップロードされる。
このデータは友達のPCや会社のPC(許可があれば)、iPhone等からアクセス可能だ。

普段から重要なファイルをMyDropBoxフォルダに保存するようにしておけばもしPCが不調になって立ち上がらなくなっても、データを保護する事が出来る。

俺は無くなって困るような重要ファイルはPCと外付HDD2台に保存していた。
ところが、2008年末にPCを買い直した際、 久しぶりに外付HDDにアクセスすると、立て続けに2台壊れた。

そう。複数バックアップを取っていても安心は出来ないのだ。

デジカメのSDカードに残っていた最低限の写真を残し 2006年3月~2007年3月までの写真が消えてしまった。他にも昔作ったホームページのデータも全部消えた。

これだけのバックアップを取り、データの保存に自信があった俺でもデータを紛失してしまうのだ。

ローカル(PC) + 外付けHDD or USBメモリ  + オンラインストレージにデータを持つ事を強くオススメする。

どこでも見られ、万が一にも安心で、手軽に出来る方法が出てきている今、 やらない理由は無いだろう。

コメント