Amazonタイムセール祭り開催

防水タブレット+Amazonプライムで生活が激変するぞ

スマホ関連

[2017/12/10更新]
記事が古くなってきたので、新たに書いた。

暖かいお風呂が心身染み渡る時期、改めて防水タブレットをお勧めするぞ!

すでにiPad2(セルラーモデル)とipad mini2(wifi)を持っているが半年前に防水AndroidタブレットのQUA tab01を購入した。

使いみちは風呂と旅行のためだ。

よくタブレットは買っても使いみちが無いと言われるが、このQUA tabはほぼ毎日使っている。
完全にライフスタイルが変わったのでお伝えしたい。

なお、タブレットの購入に迷いこの記事を読んでいるのであればiPhoneユーザーであっても防水Androidタブを買う事をお勧めする。理由は後述。

スポンサーリンク

Amazonビデオは風呂でこそ消化が捗る

多くの人がAmazonプライムに入っていると思うが、主に理由は送料を無料にしたいからであり、AmazonミュージックやAmazonビデオ等のコンテンツは最初こそ視聴したがもう何ヶ月も見ていない・聞いていない人が大半ではないだろうか?

私も最初は通勤中にAmazonビデオを見ようと試みたものの、そもそも超満員の朝見ている余裕が無い

頻繁に時間調整で止まり、場合によっては乗り換えなければならず、隣の人が降りる素振りを見せれば通れるスペースを開ける必要がある中で長編映画を見ても頭に残らない。

帰りも朝ほどの混み具合では無いが最寄り駅直前まで座れない事が多く、映像に集中するのは無理だ。

曲を聞きながら本文を読まずにNEWSPICKSのコメントを見ているのが関の山だ。

TV離れが叫ばれて久しいが、合わせて映画を見ない人も増えていると思う。
ようするにスマホで「いつでも・どこでも」が当たり前になり、なんでもまとめられる世界で、1時間以上も同じ場所に張り付く事に耐えられなくなっているのだ。

YouTubeをはじめとする人気動画は数分。動物モノなら数秒なんてのもある。

しかし、邦画・洋画問わず映画やドラマが嫌いなわけではないと思う。

単純に映画は集中しなければならないし時間がかかりすぎるので優先順位が下がってしまっているが時間があるのであれば見たいのではないだろうか。

そこで、私は風呂で見る事にした。

元々風呂の時間がもったいないとシャワーばかりだったが、本来は湯船に使って汗を流すに越したことはない。

ガラケー時代から携帯を風呂に持ち込んでメールや電話をする強者もいたようだが、流石に大半の人は水没リスクを恐れて持ち込まないと思う。

iPhone7や一部Androidスマホも正式に防水機能があるが、絶対安心かというとそんな事はない。

水没リスクを考えるとメインのスマホを日々風呂に持ち込むのはリスクが高すぎる

そこで、安価な防水タブレットをお勧めする。

私が買ったのが上記機種だ。
ジップロックに入れて持ち込むのもありだが、完全に閉じられるとは限らないし、湿度が高く中の水分が結露して浸水する可能性があるので、やはり防水タブをお勧めする。

時間がある時は3日くらいかけて映画1本見ている。
ドキュメンタル高い城の男といったAmazonオリジナルビデオも楽しい。

もちろん、ブラウザやアプリも使えるので、明日のために調べ物をしたいといった事や、マンガ、小説も読めて便利だ。

そもそも風呂以外でも日常的に使える。例えば私は普段はスマホで十分だが、旅行の時はデジカメで写真を撮る。
しかし、持っているデジカメがWiFi対応していないので撮った写真は帰るまでシェアしたり大画面で見られない。

しかし、このタブレットがあればmicroSDが入るので、予めアダプターを使いmicroSDを入れたデジカメで撮影する事で8インチのフォトビュアーとして、またSNSアップに使える。

なお、デジカメもこれから買うなら防水がお勧め。
全部入りなら明るいレンズ、広角ズーム、WiFi、GPS内蔵のオリンパスのTGシリーズ1択。

QUA tab01は最新では無いが、Android 5.1なので後数年は使えるだろう。

また、Amazonで売られているものはSIMが抜かれている”白ロム機”だが、元々au契約で使うものなので、当然auのSIMを入れれば外出先で使える。

残念ながらこの機種はSIMロック解除が必要(UQモバイル、マイネオサイトで確認済)だが、au回線の格安SIMでなら利用出来るので、月額数百円の安価コースを契約するのもありだ。

冒頭にiPadを持っていると書いたが、作曲ソフトGarageband専用機になっている。

元々仕事でATOK Padを使っていたが最近外出が無いので使わなくなった。

普段iPhone7からiPadに持ち帰る理由が思いつかないのだ。
しかし防水Androidタブなら違う使い方が出来る。

2万円以下で一気にQOLが上がるので、是非とも導入してみてほしい。

コメント