海外旅行用にSIMフリールーターMR05LNを購入!

旅行

大人気のSIMフリールーター、NEC Aterm MR05LNを海外旅行用に買ったが、実はこれ、あんまり海外に最適化されていない製品っぽいぞ。

スポンサーリンク

SIMフリールーターとは

格安SIMの台頭からか、SIMフリールーターが売れているようだ。

SIMフリールーターとはようするにスマホに入れるSIMをルーター(ポケットWiFiとか言われる)にセットする事でスマホ1台だけでなくそのネットワークに接続した複数の機器をネットに繋ぐ事の出来る機器だ。

しかし、iPad miniですら持ち運ぶのが億劫かつ、持ち運んでもiPhone7で事足りるため、ノマドワーカー以外でルーターが必要な人等いるのか疑問であるがとにかく売れているようである。

「ポケットWiFi」という名前は聞いた事あるのではないだろうか。Y!モバイルの前身、イーモバイルのルーターだ。

これはイーモバイル回線でしか使えないようSIMロックが掛かっているが、そのロックがかかっていないものがSIMフリールーターである。

その売れているSIMフリールーターでも人気なのがNECのAterm MR0●LNシリーズであり、その最新版がMR05LNである。

Aterm MR05LNとは

Aterm MR05LNはSIMフリールーターの一つであり、大人気となったMR04LNの後継機種で、MR04LNの不満点であった、いくつかの点が解消されている。

  1. LTE Advanced対応による高速化
  2. SIMの切り替え高速化
  3. micro-SIMからnano-SIMに変更
  4. バッテリー微増
  5. バッテリー分筐体が巨大化
  6. HSPA+, GPRSに非対応化

1~4がメリットで5~6がデメリットなのだが、

1は理論上速度が300Mbpsから375Mbpsになっただけであり、絶対それだけの速度出ない。外では安定して5Mbps出ていれば十分なのでどうでも良い。

2は2つSIMの入るスロットがあるのだが私には2つ入れる機会が思いつかないのでどうでも良い。

3はまぁ順当だ。スロットが今の主流であるnano-SIMサイズとなった。

Wikipedia -SIMカードより

SIMはアダプタをかます事で大きい側に対応出来るため、小さいに越したことはない。

まぁでもSIMは切れば小さく出来るし(本当にハサミで切ればOK)、小さいSIMでもアダプタ付けるか、極論付けなくてもなんとかなる。

上記の写真だと分かりにくいが、スロットの右上の部分にSIMの右下の部分(お互い斜めにカットされている部分)をあわせてセロハンテープで固定すれば認識する。

もちろん途中でずれると不具合を起こすのでお勧めは出来ないが。

4と5はトレードオフで、バッテリー容量が増えたのでその分サイズが大きくなった。
04の時代でも10時間程度持つのでわざわざ筐体大きくしてまで容量増やさなくても流用すれば良いのにと思った。


結構致命的なのが6の「HSPA+, GPRS非対応」だ。
簡単に言うと、海外の周波数に対応しなくなった。

04から削られたのは以下。

  • LTE Band 17
  • HSPA+ Band 1, 8, 9
  • HSPA Band 9
  • WCDMA Band 9
  • GSM 850
  • EGSM 900
  • DCS 1800
  • PCS 1900
詳しくは各端末の仕様を確認

確かに国内ではあまり使われていない帯域・周波数なのだが、特に北米で使われているLTE Band17やGSM850に対応していないのは海外利用の上で痛い。

というわけで特に北米においてはフルパフォーマンスで通信出来ないし、下手すると繋がらないという事を理解しておこう。

MR05LNを買った理由

基本が格安SIMを活用するための国内向けルーターであるMR05LNだが、私は海外旅行・出張用に買った。

理由はメジャーなメーカーからメジャーな流通を通して安定して販売されているのがMR05LNくらいしか無かったからだ。

また、何故かは分からないが、昨年の後半くらいから前機種のMR04LNや発売すぐのMR05LNが月に数回かなり安く売られる事があり、どちらかというと物欲で買った感が強い。

開封

私はAmazonで買った時は OCNのSIM付きの方が安かった。
これは開けてもいない。メルカリに出したら値段付くかな?

Apple製品が出ていこう、箱を開けたらいきなり製品がお目見えする形増えたけど、MR05LNでもその形式を取っている。

ただし、まわりにごちゃごちゃ書いているところが日本企業っぽい。

箱を開けると入っていたのは以下
・クレードル(クレードル付きモデルのため)
・バッテリー
・裏蓋
・MicroUSBケーブル
・USB-ACアダプタ
・LANケーブル
・説明書類

クレードル付きにしたがクレードルを使う予定が無いので袋に入ったまま。
後、マイクロUSBケーブル、USB-ACアダプタ、LANケーブルも不要なのでそのまま箱にしまっておいた。

バッテリーを入れて閉じてみた。
鏡面仕立てで指紋や傷が付きやすそうというレビューもあったが、あまり気にならない。

大阪まで探しに行った雑誌の付録、0SIMを挿入してみる。

無料SIMがついてくるデジモノステーションを手に入れた話

APNの設定を行う。
一応タッチパネルでテンキー入力出来るが結構押しミスが目立つ。
ってかアルファベットはフルキーボードで入力させてくれ!

SSIDが表示されるので、iPadminiで試してみる。

問題なくLTEで通信出来た。

国内では問題ないが海外は?

MR05LNは国内で使われる周波数の大半に対応しており、格安SIMを入れれば多くのケースでWiMAX等を契約するより安価に通信出来る。

最大10台まで同時接続出来るので一時的に友達に貸したりIoT製品を同時に使うといった時でも困る事はないだろう。

価格もセールでなくともかなりこなれてきているのでコスパは高い。

ただ、私は海外旅行時に現地のプリペイドSIMを買う事で、安価に通信環境を整えるために購入したので、前機種から削られた海外で使われている周波数の影響が気になるところだ。特に北米。

こちらは次回、実際に海外に行って使ってみてレビューしたい。

Aterm MR05LNで使える国内格安SIMはこちらからどうぞ。

ドコモ系格安SIM



au系格安SIM


格安SIMは新規参入しすぎで、2017年に入ってからも「通信料無制限!月980円!」などと宣伝して、実際は4ヶ月目から4000円以上、36ヶ月以内の解約は違約金必要、3日で3GB以上使った場合は帯域制限をかける。といった物議を醸すようなサービスが出ている。

まだまだ玉石混淆でカオスな世界なのだが、ドコモやauからの卸値が決まっている以上、他社より圧倒的に価格面でお得にする事は難しい。

一方で、ランチタイム等で混雑して著しく速度が下がるといった事はあまり聞かなくなったので、当面は上記にあげたようなメジャーどころでの契約をお勧めする。

私も次回更新でスマホを格安SIMにしようと思っている。

コメント