Amazonタイムセール祭り開催

ランニングのお供に!ポケット付き腹巻きFlipBeltがマジで使える

モノ

私は夜中に音楽を聴きながらランニングしているのだが、スマホをポケットに入れていると足を動かすたびに太ももに当たるしポケットからこぼれそうになる。

マジックテープ付き後ろポケットに入れると多少マシになるのだが、Bluetoothイヤフォンから遠くなるのか音飛びが激しく気になって仕方がない。

また、後ろポケットに入れている事を忘れうっかり休憩でベンチに座って破損しかねない。

そこで、アームバンドを買ってみたのだが片腕に重りがついている感覚が私には好きになれなかった。

みんなよくこんなの付けて走れるな。。。

そんな何時間も走っているわけではないのでスマホを持たないという選択肢もありだが、オートロックを開けるため鍵は絶対に持ち歩く必要があり、また私の家の付近はかなり暗いのでライトも必要だったりと持ち物を0にする事は出来ない。

そしてやっぱりRunkeeper等でログは取りたい。

10m間隔で殺人鬼が潜んでそうな所を走っている

スポンサーリンク

FlipBeltはまさに求めていたもの

そんなわがままボディーが求める要素をかなえた商品を発見した。

ポケット付き腹巻き、FlipBelt(フリップベルト)だ。

FlipBeltさん(@flipbelt)がシェアした投稿 – 2015 9月 9 9:54午前 PDT

公式サイトでは、「携帯電話、カード、カギ、現金などの貴重品をスマートに持ち運ぼう」とまさに私が必要とする物をスマートに持ち運ばせてくれるとの事。

ネオプレーン素材の輪っかに複数の切れ込みがあり、そこから必要なものを入れられる。

数年前にSpybelt(スパイベルト)やHOLDTUBEが流行った

街歩きには最適だと思うが、それらをランニングに使うにはベルト部分の樹脂が気になった。

また、たすき掛けスタイルになるため左右のバランスも気になるところだ。

逆にFlipBeltはファッション的な意味で街歩きに使いにくいランニング特化型といえる。

男女共通で、XXS(20インチ≒50cm~)~XL(~41インチ≒104cm)まで対応の6サイズ。

ランニングに持っていっているものが入れられる。
伸びる素材なので、iPhone7より大きい5インチ台でも大丈夫だと思う。さすがにタブレットは無理だがそんなやついないだろう。

むちゃくちゃ頑張れば500mlペットボトルも入るが違和感ありありなので、どうしても飲み物も持ちたいならパウチのアクエリアスあたりにしておこう。

ちなみにライトはPanasonicのLEDネックライト。今は1000円以下で売っているので街灯が少ない道を走るなら購入を検討してほしい。

海外旅行の際も持ち歩くようにしている。
ネックレスのように付けるものだが、走りながらだと胸を打ってうっとおしいのでFlipBeltに巻きつけている。

イヤフォンはAmazonでずっとベストセラーに輝くサウンドピーツのQ12だ。
2016年8月8日に購入して通勤時にも利用し現時点で問題なく使えているのでお勧め出来る。
耳にひっかける事で外れにくくするツノみたいなのは取り外し可能。私はこれによる恩恵を感じないので外して使っている。

こんな感じでお腹の真ん中にスマホを配置出来るのでポケットに入れた時に感じるバランスの悪さがない。


Amazonでフリップベルトは10色展開で売られている

改善してほしい点

致命的な不満は無いが、使っていて改善してほしい点がいくつか見つかったので書いておこう。

中に仕切りが欲しい

切れ目の中は全てつながっているので、あまり中に押し込むとモノによっては隣の穴から出てきてしまう可能性がある。

カギを付けるストラップはあるが普段面倒でつけていない。

この間走っている最中にふと切れ目を触るとカギが半分出てきていてびびった。

サイズが小さい

ユニクロのスキニーカラージーンズ(ストレッチあり)の29インチ履いている私がMでかなりギリギリ。

これ以上太ると締め付けがきつくて使えなくなりそうな感じなのと、オフィシャルサイトを見るに腰で固定している事を考えると購入する際はワンサイズ大きい方が良いかもしれない。

まぁコンセプトとして体に密着させたいのでピチっと作っているのだろうが。

反射判をもっと大きく配置してほしい

一応ロゴが反射するように作られているようだが、あまり期待出来ない。
もっと端のステッチを反射素材にするとかしてくれればライトを持ち歩かなくてよくなるかな?

モバイルバッテリーを繋げば発光する機能があると最強。

いずれも欠点というほどの欠点ではないので夜中にランニング・ジョギングするなら是非検討してみてほしい。

なお、明日から楽天スーパーセールが始まる。

参戦される方は買い回りの一つにいかがだろう。

コメント