Amazonタイムセール祭り開催

SIMフリースマホって5000円以下で買えるのか!

つい先日、いざなぎ景気と並んだとニュースに出ていたが、実感は薄く、銀座がファストファッションのお店だらけになっていたり、ソフトバンクユーザーはミスド無料で長蛇の列が出来たりしているのを見て日本も貧乏になったとばかり感じる。

しかし海外ではまだまだ日本人は金持ちだと思われているし、相対的に金持ちだ。
また、韓国、中国、台湾も金持ちになり、「東アジア人は金持ち」になった。

だから私は海外旅行に行く際、極力ブランド物を持たないようにしている。

また、スマホも狙われると聞くので出来るだけiPhoneを持ち歩きたくないのだがじゃあ代わりに何を使うんだ?という話になる。

現地でSIMを買えば日本で海外モバイルルーターを借りるより断然安いが、そのSIMを入れて使えるSIMフリー携帯が無い。

たまに1万円代で出ているのを見てスマホも安くなったなぁと思っていたがなんと5,000円以下でSIMフリースマホを売っていた。

アウトレットで、画面の保護シールが剥がれている可能性があるとの事だが未使用っぽい。

限定数があるが、2017年8月30日時点でまだ数百の在庫がある。

2015年製でメモリも1GBだがAndroid5.0なので数年は使えそうだ。
旅行以外でもジップロックに入れて風呂でAmazonプライムとかの動画見たり高いスマホだと躊躇する使い方が出来るのが良い。

壊れても痛くない価格なので子供のおもちゃにも良さそう。

ちなみに他のECだとこんな感じ。

小学生の小遣いで余裕でスマホが買えるっていい時代になったよなぁ。

物凄く話脱線するけどモバイルガジェットオタクだった私は小学生の頃からSHARPのICカード交換型電子手帳や赤外線通信が出来る腕時計のサイバークロス、ポケベルを持っていたし、たまごっちは発売日に買った。

姉が解約したデジタルツーカーの携帯電話(Lバッテリーの時代)もおもちゃにしていた。

まぁデジタル過渡期の時代はそれはそれで楽しかったので今の子供にはあの感動は無いかもしれない。

でも子供の頃、ネット上に今と同じ量の情報があってスマホがあれば今とは違う人間になっていたかもしれない。

違う、っていうのが良い意味に転ぶのかは分からないけど。

まぁそういうわけで子供には教育した上で節度をもってある程度自由にネットに触れさせた方がいいと思う。

コメント