憧れのホームシアターを手軽に!HDMIで接続するサウンドバーを紹介

スマホ関連

最近のテレビは音が酷い。
薄型を突き詰めた結果、ある程度の幅が不可欠なスピーカーを削ってきたため声が聞こえにくい。

そこで何年も前から検討していたホームシアターバーを購入した。
YAMAHA YAS-107だ。

 

なお、後継機種YAS-108も出ている。

 

この記事では、筆者がサウンドバーやシアターバー等と呼ばれるワンボディーでホームシアター化出来る製品を買うために色々と比較検討したので、お勧めする理由とお勧め商品を紹介したい。

YAS-107の使用レビューは以下をご覧あれ。

サウンドバーYAMAHA YAS-107を購入!新機種YAS-108との違いは?
テレビの音が悪い。 人の声が聞き取りづらいので音量を上げるが耳に刺さるような音になるだけでやっぱり聞き取りづらい。 2010年頃からテレビは音を犠牲にして極限まで薄型化していったのだが、支える台座はそれなりの奥行きが必要なので薄...
スポンサーリンク

ホームシアターは使わない

そもそも私は学生時代、5.1chのホームシアターを組んでいた。

SONYのHT-BE1という当時最小サイズのリアル(5.1ch)ホームシアターセットだ。
上の写真だと分かりにくいが、以下のように、5つの小さなスピーカーと、低音用ウーハー機能を持つ本体で構成されている。

 

これをPS2の光デジタル端子で繋ぎ、DVDやゲームを臨場感あふれるサウンドで楽しんでいた。

と、言いたいところだが、TVと電源が連動しておらず、出力端子数の関係でPS2にしか繋いでいないためわざわONにしないといけない。

また、音量変更はスピーカー側で操作する必要があり、映画のように音量差があるものと通常の番組での変更が煩わしい。

今でこそAmazonビデオ等VODで気軽に色んな映像が見られるが、当時はそんなものもなく、さほど頻繁に映画を見る事もなく、ほこりをかぶっていた。

その時に分かったのは、わざわざスピーカーの電源を入れてまで使わないという事だ。

時は流れ、ブラウン管は場所を取るのでDELLのTVチューナー付きPCモニターに買い替え、

2008年にデジタルに移行するためHDD搭載TV、REGZA 32H7000に買い替え

2010年に、エコポイント終了ギリギリのタイミングでレグザ42Z1
2014年にレグザ42J8に買い替えた。

倍速やLED、番組表の高速表示等、どんどん機能が増えていき、ベゼルが細くなっていったが、反比例して音は悪くなっていった。

現在使っているJ8に至っては、スピーカーを前面に付けるスペースが無いため裏側から下に向かって音を出し、TV台に跳ね返った音を聞くというふざけた仕様になっているためものすごく音がこもるのだ。

そこで、改めてスピーカーを別に欲しいと思うようになった。

2010年も超えると、リアスピーカーが無線になって取り回しが楽になったり、家電芸人によって一躍有名になったYAMAHAのYSPシリーズのようなTV前スピーカーのみでサラウンドを体験出来るサウンドバータイプが出現し今までより設置の敷居が下がった。

でも買わなかった

音の臨場感を求めるならもちろん5つのスピーカーが独立している方が良い。

かなり設置の敷居が下がったとは言え、使わなかったら意味がない。
滅多に見ない映画のために設置してもほこりをかぶるだけなのでTVの電源を入れるとスピーカーの電源が入り、消すと消えるよう意識せず使える形が望ましかった。

それ自体は光デジタルケーブル接続でも可能になったようだが、TVリモコンからスピーカーを操作する事は出来ないため片手落ちである。

しかし、その希望はHDMI(ARC対応)端子がテレビにあれば叶うのだ。

ARCとは、オーディオリターンチャンネルの略で、光デジタル端子機能を網羅したものだ。
一般的なメーカーのテレビであればだいたい付いていると思う。2010年に買ったZ1ですらついていた。

ところが意外やHDMIで接続出来るホームシアターバーがなかなかリリースされなかった。

シアターバーのヒット商品であるBOSE SOLO5もHDMI非対応だ。

なかなか良い商品に巡り会えず買う機会に恵まれなかった。

 

HDMI接続可能なサウンドバー

正確に言えば、数年前からHDMI(ARC)に対応したスピーカーは増えてきていた。
しかし、なかなか価格と機能が合うものが無かったのだ。

私のような日常使いを求めるものにとって、5万も10万もするスピーカーは手を出せない。
3万円以内、できれば2万円程度で買いたいとなると、選択肢が限られてくる。

検討の土台に載ったシアターバー

Panasonic SC-HTB175-K

コスト優先するなら、SC-HTB175-Kは良い選択肢だろう。
まず、大前提である音声が明瞭に聞こえるようになる。
サラウンド感には欠けるがテレビのスピーカーと比較すれば圧倒的に映画も良い音に聞こえる。

JBL Bar Studio

こちらもなかなか評判が良い。
内部にウーハーがないため、あくまでステレオスピーカーだ。
ただ、郊外の一軒家で無い限り低音ボンボン鳴らすのは近所迷惑であり、実際は低音を絞って使う事になるのでこちらもコスト優先の土台に乗る。

YAMAHA YAS-106

YSPの安価ライン、YASシリーズが106よりHDMI(ARC)対応となった。
リアル5.1chのYSPと違い、2.1chスピーカーによるバーチャルサラウンドではあるが、上記に紹介した製品と比べ臨場感が増す。

これだなと思ったが、優先順位が低かったため型落ちで買おうかと思っていた。

結果、次のモデルであるYAMAHA ホームシアター スピーカー YAS-107を買う事となる。
長くなったので購入レビューは次回。

コメント