Amazonタイムセール祭開催!11/4まで

【開催中】セディナカードでApplePay(iD)を使えばどこでも5%還元!

クレカ・電子マネー

今までいくつかのApplePayキャンペーンを紹介してきたが、今セディナカードがやっているApplePayでポイント10倍キャンペーンが最強だろう。

 

元々7月末までのキャンペーンだったが、9月まで延長された。

10倍といっても、通常のポイントは1,000円で5円相当(=0.5%)なので5%となる。

また、ポイント10倍の対象上限は、 毎月10万円(税込)の利用合計分までとなる。

しかしもはやLINE Payカードも廃止となり2%付く高還元カードがなくなった今、iD対応店舗であれば全て5%還元されるというのはかなりの大盤振る舞いといえるだろう。

定価販売しかしていないものも対象となるので煙草や雑誌等も実質値引き購入出来るという事だ。

また、わくわくポイント対象カード、ワンダフルプレゼント21対象カード、タイヨーカード、博多大丸カード、ヒマラヤPontaカードPlus、majica donpen cardが対象となるので、例えば東海道新幹線に乗る人が持つJR東海エクスプレスカードもワンダフルプレゼント21が貯まるため対象カードとなる。

 

過去にはファミマ限定で5%すげぇ!ってのを書いてたが今回は利用店舗を問わない。

ファミマ+ApplePayでタダ飯食えるぞ!&iD支払で2.5%還元中!
昨日の夜メルカリで売れたバッグを持ってファミマに行って気づいたのだが、ファミマ、サークルK、サンクスでApplePay200円キャッシュバックキャンペーンを行っていた。※以下、ファミマとの表記にサークルKサンクスを含むApple...

Apple Pay最大還元の電子マネーを探しているなら間違いなくこれがナンバーワンだ。

なおセディナは海外旅行に持っていくおすすめカードでもある。

マジで最終決定!海外旅行に持っていくべき2枚のクレジットカード
ここ数年あらゆる会員証がクレジットカードになったせいで多くのクレカを財布に詰め込んでいる人、多いのではないだろうか。 海外旅行に行く時に使うか分からない(おそらく使わない)カードを全部持っていって無くしたら大変である。カード会社にすぐ...

手持ちにセディナ発行のカードが眠っているApplePayユーザーは登録してみよう。

 

スポンサーリンク

セディナカードのデメリット

5%も還元されるなんて最高!今すぐ使おう!となる前に一読しておいてもらいたいのは以下のデメリットだ。

ボーナスポイント付与は3ヶ月後

そこまでデメリットというわけではないが、ボーナスポイントは通常ポイントと同時にもらえるわけではなく、3ヶ月後の付与となる。

以下は8月利用分の請求だが、6月分のApplePay利用10倍分がプラスで付与された。

1000ポイントからの交換

1000ポイント以上500ポイント単位の交換となるのでこのキャンペーン終わって使わなくなると端数がもったいない。

楽天等と違い、1ポイント単位で使いみちがないのがセディナの痛いところだ。

 

 

この他はGポイントとauWALLETポイント、ドトールポイント、JALマイル(1000p→500マイル)。

ほぼ全ての銀行振込に等価交換で対応しているGポイント経由で現金化が一番良さげ。

Gポイント

ゲーム、アンケート、口コミで貯まるポイントなんて本当に微々たるものだが、多くのクレカポイントからのポイント交換に対応しているかつ、等価で現金化出来るので交換経由専用サイトとしては悪くない。

 

計画的にポイントを貯めて交換サイトをうまく使いこなせないと入手した大半のポイントを失効させる恐れがあるので気をつけよう。

ちなみに私はiDで支払えるところではすべてセディナiDで支払うようにしている。

まぁほとんどがコンビニかファストフードなのだが。

ドンキホーテやiDの使えるスーパー等があるとよりお得度が高い。

今回のキャンペーンは9末で終わるが、ApplePayのキャンペーンは形を変えて当分続くだろう。

特に日本は猫も杓子も「なんちゃらPay」をリリースしシェアの奪い合いをしている。

アップル側からの販促費、協賛費も出るかもしれないので年会費永年無料で海外旅行に強いセディナカードを作っておこう。

※本サイトの表記内容は2018年8月現在の内容になります。
正しい詳細に関しては株式会社セディナの公式ページをご確認ください。

 

コメント