Amazonタイムセール祭開催!11/4まで

新iPhone発表のApple Special Eventにワクワクしなくなってしまった。

スマホ関連

日本時間の2018年9月13日午前2時から始まったApple Special Event. September 12, 2018.

そこでiPhone Xs、iPhone Xs MAX、iPhone Xr、Apple Watch series4が発表された。

スポンサーリンク

ナンバリングから脱却したiPhone

昨年iPhone8とiPhone X(テン)が出た時に、多くの人がiPhoneのナンバーは8で終わりと思っただろう。

もしかしたら今回の発表で、iPhone9とiPhone X2が出る可能性もなきにしもあらずだったが、X(10)の後に9を出すわけにはいかないだろう。

もっとも、初代iPhoneの次がiPhone3Gで、W-CDMA規格の第3世代移動通信システム(3rd Generation)から取ったためナンバリングの意味合いはなかった。

次のiPhone3Gsはマイナーチェンジであり、オフィシャルではsはスピードを表しているというが、まぁSecond(2)も含んでいたんだろう。

おそらく3Gsの次の名称は悩んだのではないだろうか。何故なら「3」は通信規格の世代を表して付けているだけだからだ。

しかし次のiPhoneはiPhone4となった。何故なら4代目だし。以降、改良版の「s」をはさみつつ、8まで続く事になる。

とはいえ、sなので2019年モデルでまさかのiPhone9とiPhoneX2が出るかもしれないけどね。

iPhone Xs/iPhone Xs MAX

iPhone Xsは、名称は直前までもれなかったものの、この惑星に既視感があり、デザインはiPhone Xだった。

ちなみに惑星の一部を写す事で、完全ベゼルレス全画面っぽく見せているが実際はノッチ(画面が凹)が存在する。

 

5.8と6.5インチディスプレイ。

iPhone Xs MaxはiPhone 8 Plusとほぼ同サイズなので大画面を求めているのならありだ。

 

いっぽう、小さい方のiPhone XsでもiPhone8のひとまわりデカイ

何故だ。何故片手で操作しやすいサイズ感を残してくれなかったのだ。

日本をはじめ多くの国で未だにiPhone SEが売れているのは価格もさる事ながら手のひらにおさまる小型携帯が欲しいからだ。

確かにAppleはプロダクトアウトの企業だが、スティーブジョブズはiPhone4の大きさにこだわったはずなのに。

確かに全部載せた上で極限まで削ったソニーの極小携帯preminiやカシオの極薄デジカメEXILIM EX-S1日本の機能美なのかもしれない。

デカい方が迫力ある画面、ステレオスピーカー、大きなバッテリーを載せられる。

しかしiPhone Xsはフラッグシップモデルなのに見てもワクワク感は消えてしまった。

もうハードが成熟してしまい、ソフトウェアのアップデートは4~5年前の機種でも受けられるからというのもある。

私もiPhone7になんの不満もない。(故意に新OSで性能を削ったりしてこなければ)

というか全画面であっても、裏側のAppleロゴを指紋認証付きホームボタンにしてほしかった。

iPhone Xr

多色展開、安価版とiPhone5cの再来である。

もっとも5cのように樹脂に前年モデルのCPUにと、いかにも”安価版です”という風ではない。カメラもXsのメイン(広角側)と同じだとの事。

ディスプレイサイズは6.1。XsとXs Maxの間だ。

何故・・・。これこそワンチャン 5インチ(16:9換算でiPhone8クラス)に出来ただろう。

新興国向けなんだろうが、日本で売れず、在庫処分のため月々割が増え、格安SIM業者も取り扱い、結果コスパが良くなって最終的に結構売れる未来が予想出来る。

Apple Watch SERIES4

Apple Watchもベゼルレスになった。

これは良いのではないだろうか。

しかし私は四角い時計に魅力を感じない。腕時計は円形でないと。

高性能カメラ付きスマートウォッチ「Arrow」に興味津々
ガジェット好きと認識されている私はApple Watchが話題になった頃から知人によく「買わないの?」と聞かれた。 AppleWatchを始め、多くのスマートウォッチはトラッカーと言われる心拍数等健康に関する機能が多いがまったく興味を...

 

楽しくなくなったのは年を取ったからか

もうiPhone7で十分満足してしまったというのもあるのかもしれない。

後はいつまでもtouch ID(指紋認証)付きホームボタンに固執しているのも私が年を取って今までと違う動作をしたくないという思いもあるかもしれない。

 

ただ、同じ大画面でもGALAXY S9の方が極限まで詰め込んだ感がしてワクワクした。

 

また、スマートウォッチもGALAXY Watchの方がかっこいいしワクワクする。

Appleの感性が自分のそれとはズレてきてしまったのかな。

なんかただの駄文になってしまったが、今回のKeynoteを見ていて感じたというか、何も(わくわくを)感じなかったのがショックでならなく思わず書いてしまった。

日本での発売は9月21日頃と言われているが本文記載時点ではまだ未定だ。

「コレジャナイ」と不満をもちながらも結局売れてもうホームボタンは戻ってこないのだろうな。。

今のiPhone7は後半年で丸2年。買い替えを検討する時期ではある。なんだかんだ実機を触って、買って「iPhone Xs最強!!」とか言い出す可能性は十分あるけどその時はここに書いた事は忘れてくれ。

コメント