世界の現地SIM&日本で買える海外SIMまとめ

旅行

スマホが一般化し、海外でも簡単にネットが使えるようになった。

私がカナダやイギリスに留学していた2005年頃は当たり前のようにローカルの携帯にアジア系の怪しい店で買った国際電話カード使って日本に電話していたもんだ。

カナダではだいたい留学生はfidoで契約しこのソニエリの携帯を使っていた。(後はノキアかシーメンス)

そんな時代もスマートフォンの登場で終焉を迎える。

iPhone3GSを持っていったハワイでJCBプラザのWiFi借りてネットが使えた2011年に未来を見た。

その後、世界中のホテルや観光地にWiFiが設置され、海外WiFiルーターやソフトバンクのアメリカ放題等が出てきて本当にどこでも通信出来るようになった。

また、今まで当たり前のようにSIMロックがかかっていた日本のスマホのロック解除が解禁され、自由度が増した。

で、私はここ数年海外に行くと現地でプリペイドSIMを買うようになり毎回レビューを書いてきたので結構貯まってきたので一度まとめようと思う。

 

なお、以下[旅行カテゴリ]にて、東南アジアのタクシー配車アプリGrabや海外旅行おすすめのクレジットカード情報等を公開しているので見ていってほしい。

旅行
「旅行」の記事一覧です。
スポンサーリンク

SIMフリールーター

一人で使うならスマホに直接SIMを刺せばよいが、SIMフリールーターを持っていれば同時に複数人でネットが使えるぞ

海外旅行用にSIMフリールーターMR05LNを購入!
...

 

日本のSIMを無くさないように

旅行に行くと気をつけていても荷物が多いため何かと忘れがちだ。

特に海外SIMに入れ替えた際の日本のSIMカードの保存場所は悩みどころ。

小さいので置き忘れや落とした事に気付きにくい。

こういった専用のSIMホルダーをパスポートにつけておけば安心だ。

世界共通の電話番号を無料で持とう

初期、月額無料で050から始まる番号を貰えるSMARTalkに登録しておけば、日本のSIMを抜いても使える世界共通番号が手に入るぞ。

私も海外に行く際家族に緊急連絡先としてこの番号を教えるようにしている。

12ヶ月間利用料の請求が無いとサービスを解除することがあると書かれているが、私は5年以上同じ番号を保持し続けている。

ソフトバンクの通話基本プラン(980円)だと20円/30秒だが、この番号で携帯や固定電話にかけると8円/30秒と安いので思い出したら使うようにしている。(年1回あるかないかだけど。)

通話料無料で飲食店や美容室の電話予約をする方法
...

 

世界旅行

短期間に多くの国(特にヨーロッパ)をまわる場合、ネット環境を整えるのは難しいだろう。

その場合はイギリスの携帯キャリアThreeのSIMが以下42カ国で使えるのでおすすめ。

種類は1GB 1ヶ月3GB 3ヶ月12GB 1年で特に1年は5,000円なのでスタートアップ企業の新規国際事業の立ち上げ等で様々な国を数ヶ月間~1年飛び回るとか、居酒屋のトイレに貼ってある船で世界一周とか行く人に良いかも。

[ヨーロッパ]

イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、スイス、ベルギー、オランダ、ギリシャ、ポルトガル、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、アイルランド、ポーランド、ラトビア、エストニア、リトアニア、ルクセンブルグ、ハンガリー、アイスランド、チェコ、オーストリア、クロアチア、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、スロバキア、スロベニア、リヒテンシュタイン、マルタ、ジブラルタル、マン島、チャンネル諸島、アゾレス諸島、オーランド諸島、バレアレス諸島、イスラエル

[アメリカ大陸]

アメリカ(グアム・サイパン除く)*1900MHz帯に対応した端末が必要です。

ブラジル

[アジア・オセアニア]

オーストラリア、ニュージーランド、香港、マカオ、インドネシア、スリランカ、シンガポール

なお、アジア・オセアニア中心の旅行であれば本記事下部に「アジア周遊」SIMを紹介している。そちらの方が高速通信出来るので快適だ。

 

[注意点]

イギリス以外では3G回線となる。また、イギリス以外ではスマホのローミングをオンにしないと使えない点に注意。

 

北米・中米

アメリカ(グアム・サイパン除く)

アメリカでおすすめはライカモバイルを日本で買っていく事だ。

4GBまでの高速通信及び、アメリカ、日本を始め中国、UK他50カ国へ固定電話かけ放題となっている。

ただし、アメリカ本土及びハワイ以外のグアム、サイパン等は対応していない。

日本で買えるアメリカSIM「Lycamobile」はコスパ最強
...
アメリカのプリペイドSIM Lycamobileをアクティベーション方法
...

グアム・サイパン

Guam、Saipanで使えるSIMは日本で売っていないので現地で手に入れる必要がある。

ドコモの子会社DOCOMO PACIFIC Guamが以下の価格でプリペイドプランを出しているので現地で契約しよう。

Prepaid Starter Kitを19.95ドルで購入し、Prepaid Planから必要な日数、ギガ数を選ぶ。スターターキットに10ドル分のプリペイドカードがあるのでそれが使えれば3GB 3daysまでは追加料金無しでいけるはずだ。

Prepaid | Mobile | DOCOMO PACIFIC Guam

メキシコ

メキシコではTelcelを現地で購入

メキシコで現地SIMを購入する方法
...
メキシコのプリペイドSIMのチャージで大苦戦
...

 

アジア・オセアニア

アジア各国は日本から近く、通信料金が安い。

もしかしたら現地より割高になるかもしれないが日本で買っても送料込で500円~1500円程度で高速LTE(4G)通信で4GB程度使えるSIMが手に入る。

アジアは英語が得意でないショップ店員が多いので日本で買えるものは日本で買っていこう。

アジア周遊

日本を含む、韓国・台湾・シンガポール・オーストラリア・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・インドネシア・ネパール・カタール・スリランカ

17カ国で8日間4GB利用可能なSIM2Flyを買えば、複数の国をSIMを入替えずに利用可能だ。

日本で購入出来るかつ日本でも利用出来る(ソフトバンク回線)ので、旅行当日にSIMを入替えてしまい、大切な日本のSIMは日本に置いていくという事も可能。

LTE(高速通信)で4GBもあるので日本と同じように使っても(一日中YouTube見続けるとかでなければ)使い切る事はないだろうし、万が一使い切っても128kbpsで使い続ける事が出来るのでLINEで文字を送受信するくらいならストレスなく使い続けるだろう。

タイ大手通信キャリアAISが提供しているので安心。(ただし、元々タイ人向けの海外SIMのためタイでは使えない。タイ用はこちら

注意点:データ通信専用SIMなので電話番号は発行されず、SMSも使えない。(ただしAmazonのレビューではSMS使えたと書いてる人がいた。真偽不明)

同行者分も必要なら2枚同時購入がお得。

 

タイ マレーシア インドネシア フィリピン シンガポール カンボジア ラオス 香港

上記8か国の周遊ならChina Unicom(チャイナユニコム)が発行する東南アジア向けSIMがおすすめ。

LTE高速データ通信で3GB、8日利用可能。3GB以降も256kbpsと、タイAIS社のSIMより高速通信容量は少ないが速度制限がゆるい。

 

タイ

タイのおすすめはAISを日本で買っていく事だ。

【2019年版】タイ旅行SIMは日本で買う!設定方法から実際の電波も調査!
タイのSIMカードを日本で購入し、バンコクからミャンマー国境付近まで電波を調査。アクティベーション方法から外国語で届くメッセージの意味まで分かりやすく解説。海外レンタルWiFiとの違いや配車アプリ等のおすすめ利用方法も!

ベトナム

ベトナムに行くならmobifoneのSIMがおすすめだ。

ベトナム全土で10日間10GBまでLTE通信可能。10GB使い切っても128kbpsで通信出来る。

電話番号発行されるが着信のみ可能で発信は出来ないのだが、この”着信”が出来るおかげでタクシー配車アプリ、Grabも使える。

※Grabについてはタイでの使用レポートを参考にしてほしい

東南アジアで大流行の配車アプリ「GRAB」初期設定・登録方法を解説
...

 

なお、VietnamobileのSIMの方が安いのだが、iPhoneではLTEが使えない仕様で遅いのでおすすめしない。Androidでは高速通信OKなようだ。

mobifone同様、電話番号が発行され着信が可能。電話をかけたい場合は、現地Vietnamobileショップで別途通話料金を事前チャージする必要がある。

手間はかかるが発信もしたいならこちらを選ぼう。

15日間10GB利用可能と、利用可能期間がmobifoneより5日多いのも人によってはメリットになるだろう。

 

中国・香港

 

台湾

FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限

 

韓国

 

 

フィリピン

あれ?フィリピンでも買ったのに書いてないな。近々書きます。

ただ、車持ってる複数のフィリピン人の友人と一緒にいたのにSIMを手に入れるのに苦労したし、入手してからも苦労したので今ならアジア周遊で紹介したSIM2Flyを買う。

 

中東

ドバイ(アラブ首長国連邦)

ドバイではduを現地で購入

ドバイで現地SIMを買うなら容量少ないけどduが安いし簡単
...

日本の海外WiFiレンタルも検討しよう

イモトのWiFiグローバルWiFiといった海外で使えるモバイルルーターを貸してくれるサービス。

基本的にプリペイドSIMを買った方が安いが、ネットを使いたい人分SIMを買う必要があるので人数と使いたい容量次第では海外WiFiを借りた方が安いケースもある。

大体1日500円~1300円程度で、受け取りから返却までの日数で課金されるのがデメリット。

ただ、ややこしい設定は不要だし慣れない海外で何かを契約する不安からも解消される。

各社通常プラン(250MB/日)と大容量プラン(500MB/日)等を用意しているが、大きな声では言えないが、これらは通信量が上回っても即座に使えなくなる事はない。

以前Global WiFiをバリに持っていった時は5日で3GB弱使ったが普通に使えた。

契約上は6日間 3G(やや遅い)通常プラン250MB/日なので、6日間(バリ滞在は5日間)で1.5GBまでしか使えないはずなのに2倍使ったが特に問題なかったし提供会社から注意を受ける事もなかった。

 

 

ちなみに定価は通常プランで670円。 x6日間で本来4,020円のはずだがその時のキャンペーンで10%ほど割引されて3,660円だった。

 

なお、高速LTEだと1日970円(インドネシアの場合)かかる。

とりあえずネットが使えれば良いのであれば3Gにして費用を留めるのもアリだろう。

スペシャルオファー

グローバルWiFiをこの記事から申込むと利用料金が5%OFF+受取手数料が無料となる。(今のところ2018年12月31日までの申込み)

 

 

このページを今後拡充していく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました