Kyash + 手持ちのクレカで何でも3%以上還元される件

クレカ・電子マネー

持っているクレジットカードをパワーアップしてくれる”QRコード“新決済システム Kyash(キャッシュ)がヤバい。

改悪されなければ天下を取れるサービスだ。

しかし還元率が高すぎて本当にマネタイズ出来るのか、つまりサービス継続出来るのか不安になるサービス。

Kyashのポイント還元率は2%と、今世の中にある高還元を謳うクレジットカードより高い。

しかも、その高還元クレカを引き落とし先に設定する事で、そのクレカのポイントも2重取り出来るのだ。

後述するが、さらにそれをPayPayや楽天Pay、OrigamiPay等の支払いにあてる事で3重取りも可能となる。

 

PayPay旋風が落ち着いたかと思ったら、auPayだのファミマペイだの出てきてもうお腹いっぱいだからもういいよと思ったあなた、これはマジで一日も早く使った方がよい

 

スポンサーリンク

Kyashの仕組み

 

KyashはVISAのクレジットカード番号を発行して使うサービス。

 

スマホアプリではQRコードではなく、そのクレジットカード番号をネットショッピングの際入力すればOK。

VISA加盟店であればほぼどこでも使えるので使いみちがなくて困る事は無い。

さらに、リアルのプリペイドクレジットカードも発行出来るため、ネットだけでなく、街でも利用可能だ。

さらにさらに、一般的にプリペイドの電子マネー(SuicaやEdy等)は事前にチャージした額しか使えない。

オートチャージが出来るサービスでもあくまで事前に設定した5,000円、といった単位でしか出来ないが、Kyashに手持ちのクレジットカードを登録し、オートチャージにしておけば、利用する瞬間に、利用する額だけチャージしてくれるので通常のクレカと変わらない使い方が可能だ。

 

アプリを立ち上げるのは、支払明細がみたい時か、まだカード番号を登録していないネットショッピングで入力する時の確認時だけ。リアルカードを持っていれば立ち上げる必要もない。

QRコード決済でない点が毎回アプリを立ち上げるのに疲れたケース研読者にはありがたいだろう。

まぁ1000円以下の買い物やランチ時にクレカは出しにくく、電子マネーやQRコード決済は出しやすいという心理的なものはあるが。

 

元々LinePayのような割り勘(送金)アプリとなるべくスタートしたKyashだが、送金したお金を引き出せるようにするには資金移動業の免許が必要。

ここでは細かい説明は避けるが、資金移動業者になると企業側にも、ユーザー側に課せる制約が多く、利便性が損なわれる事から、Kyashは一般的な電子マネーと同じ前払式支払手段事業者となった。

これにより、ユーザー同士で送金は出来るのだが、それを銀行に入れて現金化する事は出来ず、あくまでKyashという電子マネーとしてしか使えない道を選んだ。

換金出来るポイントがあるが、あれらのポイントは買う事が出来ない。

企業通貨がクレジットカードで買えて、それを銀行口座に移せると、クレジットカードの枠を現金化出来てしまうので許されないのだ。

LINEPayがクレジットカードチャージ出来ない理由がそこにある。

現金化出来ずに使いみちの限られる電子マネーにしかならないなんてショボくね?と思ってしまうが、VISA加盟店で利用出来るし足りない分は1円単位でオートチャージかつ即利用してくれるのでチャージを余らせて気持ち悪い気分になる事もない。

Kyashの使い方

 

まずはApp Store、GooglePlayで「Kyash」と検索してダウンロード。

 

Facebookかメールアドレスで登録を進める。

SMSが受信出来る電話番号が必要。

 

登録した電話番号宛にSMSで認証番号が届く。

iOSであれば届いた番号をワンプッシュでコピペ可能。

まずは「バーチャルカード」を発行しよう。

 

数クリックで完成。ここに書かれている番号があなた専用のカード番号で、クレジットカードとして使える。

しかし、今はチャージが0なので使えないのでオートチャージ元に手持ちのクレカ(VISAかマスターカード) を登録しよう。

 

カメラでカード番号を読み取れるので入力の手間が省ける。

 

(有効期限とセキュリティーコードは手動で入力する必要がある。)

これで、バーチャルクレジットカードは完了。ネットショッピングであればすぐに利用可能だ。

さっそくAmazonの決済カードを変更してみよう。

 

続いて、リアルカードの申請も済ませておこう。

リアルカード申込みを押して送付先住所等を登録すれば完了だ。

 

 

リアルカードとバーチャルカードの残高は連動している。

オートチャージにしておけばそもそも気にする必要は無いが、決済した際につく2%分のポイントは付与後の利用に自動充当される。

これで普段使っているクレカの還元+2%が受けられるのだが、Kyashの凄さはこれで終わらない。

他のPayにかぶせられる

楽天PayやPayPayはクレジットカードからチャージ可能な電子マネーだが、そのクレジットカードにKyashの番号を指定出来る。

なので、例えばローソンで楽天Payで買い物してPontaカードを出すとこうなる。

なんと、4.5%!

 

OrigamiPayと組み合わせると吉野家が超絶お得に(18年12月中)

ポイント制度は無いものの、面白いキャンペーンを多く実施しているORIGAMI Pay(オリガミペイ)

ORIGAMI Payもクレジットカードを登録出来るので、Kyashの番号を登録すれば良い。

 

例えば380円の牛丼(並)の場合、

380円-190円=190円となった上、

  • Tポイントは380円に対して付くので1ポイント(200円で1ポイント)
  • Kyashは3円分(190 x 2% = 3.8 小数点以下切捨で3)
  • 楽天カードは1ポイント(100円で1ポイント)

と計5ポイント(実質還元率50% + 2.6%)付く。

190円の買い物に対しての話なので切捨ても多く思ってたよりショボくなってしまったが、額があがればあがるほどお得な事は理解出来るだろう。

ORIGAMIとKYASHを連携させると、このように両方から通知が入ってKyash経由でOrigami Payが使われた事が分かる。

オリガミペイの登録に関しては以下に書いている。

吉野家半額のOrigami Payを使ってみた
...

 

 

なお、終わってしまったが、上記座組でPayPay20%還元時に、ビックカメラで税込み1万円の商品を買った場合は、

  • 800 ビックポイント(現金以外は8%に減額)
  • 2,000 PayPayキャッシュ
  • 200 Kyashポイント
  • 100 楽天ポイント

と、3100ポイントの還元となった。

PayPayで支払うと20%戻ってくる!年末年始の本命はこれかも?と思ってたら10日で100億配り終えて早期終了
...

Kyashは普段使いにおすすめ

PayPayもLINEPayも、キャンペーンが終わると使うのをやめた人が多いと思うが、Kyashは普段買い物しているVISAカードで支払える店全てで2%+αの還元が受けられる

 

Kyashの良いところは、年間30万円以上使わないと年会費がかかるカード(ジャックス リーダーズカード、ToMeカードPrime等)や、100万円使うとボーナスポイントがもらえるカード(エポスカード)等の利用を止めずに2%アップの恩恵が受けられる事だ。

つまり、ほぼデメリットが無い決済手段なのだ。

なお、リアルカードは発行が追いついておらず申し込みから手元に届くまで1ヶ月弱かかるらしいので早めに申し込んでおこう。

ウォレットアプリ Kyash - いつものお支払いを2%お得に
Kyash(キャッシュ) なら誰でも簡単にVisaカードが発行でき、決済金額の2%が還元されます。リアルタイムの利用履歴や一時ロックなどスマホで管理。チャージしたお金は手数料無料で友達に送金できます。

 

※毎月引き落とされるサービス(習い事や公共料金の支払い)、ガソリンスタンド等一部使えないところがある点は注意。

https://support.kyash.co/hc/ja/articles/115004663328-利用可能なお店

 

Kyashと組み合わせるおすすめのクレカ

わざわざこのために作らなくても普段使っているクレジットカードで良いと思うが、Kyashに登録出来るクレカの国際ブランドは、VISAカードとMaster Cardの2種類。

JCBやAMEXは登録出来ない。

これを機会に還元率の高いカードにしようと考えているなら楽天カードYahoo! JAPANカードAmazonカードが全てどこで使っても1%還元で自社ECでの買い物特典がついているので、いずれかを作っておけば間違いないだろう。

 

コメント

  1. ペイ人 より:

    最近ペイが増えすぎて理解不能だったのですがこのブログわかり易くて助かりました!ところで多くのペイはビザとマスターばかりでJCBが登録出来ないのはなぜなんでしょうか?

  2. Keisuke.N より:

    ペイ人様
    確かにクレカ登録の出来る新しいPayが出てくると大体VISAとMasterCardしか登録出来ないことが多いですね。
    採用企業はJCBと契約するとAMEX、Diners、Discoverも使えるようになりますが、決済手数料がV/Mより高く、また、AMEXとの直接契約を禁止されるなど縛りがあるようで最初は導入せず様子を見ることが多いようです。
    楽天Payは昨年JCB、Diners、Discover対応しましたが、V/Mより料率0.5%高いです。AMEXが入ってないのが気になりますが個別で契約出来るようJCBと交渉したのかもしれません。