実録!海外版iPhoneを日本で買う方法と注意点

スマホ関連

iPhoneが高い。

先日、ソフトバンクでiPhone7(128GB)からiPhone XS(256GB)に機種変更したところ、15万以上かかった。

もちろんMNPなら多少安くなったのだろうがもはやキャリアで買う必要無いな。

今回は、香港のiPhone8を手に入れたので検討方法と購入方法、状態をレビューしたい。

SIMフリーだし、マナーモードにしていれば写真撮ってもシャッター音鳴らないし一度海外で売られているiPhoneを手に入れると日本で買いたくなくなる。

iPhoneの説明ではあるが、当然Androidでも同様の事が言える。

スポンサーリンク

シャッター音の無い海外版iPhoneが欲しい

私のようにブログをやっていると、何気ないところでも後からブログで使えるかもしれないと思ってとりあえず写真を撮る。

例えば何かモノが落ちていたら、将来落とし物に関して(例えばMamorio)の記事を書く可能性があるのでとりあえず撮影しておきたい。

別に撮影禁止場所でもないので堂々と撮ればいいのだがカシャカシャ鳴らすと人目を惹いてしまう。

自分で画像を用意せず

いらすとや や パクタソ といったフリー素材ばっかり使ってるブログだと自分で撮影する必要もないが、私は基本的に自分で撮影した画像を使う

盗撮対策なのだろうが、シャッター音が消せないのは日本とごく一部の国だけでほとんどの国ではマナーモードにすれば音は鳴らなくなる。

いい加減にしろ!盗撮犯は標準カメラなど使わねー!iPhoneシャッター爆音に物申す
...

今はLIVE Photoで撮ればかなり音を小さく出来るが別にLIVEで撮る必要ないシーンでも撮ってると容量も膨らむし、ブログ用にGooglePhotoからダウンロードするとjpgと動画部分のQuickTimeムービーファイルに分かれてダウンロードされるのでいちいち動画部分をゴミ箱に入れる作業が発生している。

特に海外では反感を買う事もあり、2016年にアメリカのApple StoreでiPhone SEを購入した。

だいぶバッテリーも痛み、画面割れも起きているためいつ発売するか分からないiPhone SE2を待てず新しいiPhoneを買う事にした。

iPhone SE2(iPhone XE)は出るの?出ないの?
...

海外版iPhoneを安く手に入れる

個人的に片手で持てないスマホは嫌なので、iPhone Xsがギリギリとなる。慣れるが、正直ギリギリアウトで、iPhone7サイズが一番良い。

また、iPhone X以降のフルスクリーンタイプはサブ用に買うには機種代金が高すぎる。

なので今回狙ったのはiPhone8だ。

iPhone8なら64GBで6万円台。iPhone7の方が安いが、iPhone8なら以下のアドバンテージがある。

  • CPU強化(省電力化)
  • スピーカー音量増
  • ワイヤレス充電
  • カメラ強化
  • 海外版でも日本のApplePayが使える

特に最後の日本のApplePayが使えるというのが大きい。iPhone7では、日本版のみFelica対応で、海外版では使えなかったからだ。

もちろん大きいのが欲しいなら在庫に余裕のある香港版iPhone XRがおすすめ。

海外版iPhoneの入手方法

海外版iPhoneを買う方法はいくつかある。

玄人は、海外通販で購入する。有名なのは香港のExpansys1shopmobileあたりだろう。

どちらも多くの人が個人輸入した実績をブログに上げており届かないといったトラブルも少なそうだ。

また、エクスパンシスはサイトが日本語化されており円表記で書かれ、クレジットカードやPayPal購入出来るので非常に手軽である。

ただし、記載額以外に関税(商品代金の60%~70%に消費税8%)がかかる点に注意。

最初私も越境ECでの購入を考えたのだが、2018年2月時点でなぜかどのサイトもiPhone8が品切れなのだ。(iPhone8 Plusはあるのに)

美品であれば新品でなくても良い事に気づき、日本で中古の海外iPhone8を探す事にした。

イオシスのネット通販で海外iPhoneが手に入る

東京の秋葉原や大阪の日本橋等に実店舗を構えるイオシスで、iPhone8が売られていた。

私が見た時は香港版と海外版iPhone8 64GB Aランクが62,800円。海外版iPhone8 256GB Cランクが65,800円で3つ在庫があった。

日本一の取扱店舗でもこの在庫数である。

iPhone XS、安価版のiPhoneXRも出て、古いiPhone8の在庫はかなり減っているようだ。

ちなみに香港版は文字通り香港で売られているiPhoneで、海外版は日本、香港以外のもののようだ。

ネットで情報を見るとAランクはほぼ新品で、Cランクでも問題無いキレイさ(画面以外に1~2箇所数ミリのキズや凹み程度)。

SIM Free iPhoneを見てみる

しかしイオシスは実際の端末の写真を掲載してくれないので届いてみてどこがAランクやねん!もありえるわけで不安だった。

というわけで、秋葉原の実店舗に見に行く事にした。秋葉原ならイオシス以外にも販売している店があるだろうから。

秋葉原を散策する

普段ならガッツリ写真を撮るのだが、数年ぶりの秋葉原でスマホを売ってそうな店を検索するのに必死でほぼ撮影していない事に今気づいた。

上記のiPhone8 (PRODUCT)REDは256GB、77,300円でほぼ新品の海外版でじゃんぱら 秋葉原5号店で見せてもらったもの。

かなり人で溢れていたが、対応してくれた店員さんは非常に親切丁寧だった。(アキバの店員って客と知識マウントバトルしてそうな印象だったので反省)

海外版なのでとりあえず箱を開けてみると日本と同じタイプAの充電器が入っていたので北米モデルかと思ったが、箱の裏を見ると中国語が書かれていたため台湾版のようだ。

試しに電源を入れてもらい、マナーモードにして写真を撮ってみる。 音は鳴らなかった。

続いて、動画を撮ると、小さいが開始と停止でポコっと音が鳴った。

なぜか動画だけは鳴る仕様のようだ。

まぁこれくらいの音なら良いのだが金額が予算上限を超えているので保留とした。

続いて本命のイオシスアキバ中央通り店に向かった。

(写真はイメージ)

ここも狭い通路に多くの客で賑わっていた。入り口近くで商品整理をしていた店員さんに「海外版iPhone8ありますか?」と聞くと、「いや、海外版は無いですねー」と、速攻で言われたので多分こいつは面倒な質問は無いで答えるタイプと判断。というか、ネットにはこの店に在庫あるって書いてるし。

レジにいたアジア系店員に尋ねると調べてくれ、「香港版iPhone8 64GB ピンクあるよ」と。そうだろう。だってそれ、ネットにこの店に在庫あるって書いてるやつだし。

で、見てみたいというと持ってきてくれた。

写真、動画ともに音無し。本日中の取り置きをお願いして一応他の店も回る事に。

ソフマップでは「当店は海外版の取扱をしていません」と言われてしまい、Geoモバイルでも「海外版はないっすねー」と言われ、怪しい路地裏のナニ人か分からないおっちゃんにも一応聞いてみたけど日本版しかなく、「LIVEニスレバOKヨ」と言われたがそれはOKでは無いのだ!

結局これはお得!というものは見つけられず、イオシスで取り置きした香港版iPhoneを購入した。

日本版と比較してみる

1年半前に出たモデルを今更細かく紹介しても仕方ないが、せっかくなので日本のiPhone8と比較してみよう。

手前のブラックが国内版iPhone8、奥のゴールド(ピンク)が香港版だ。

箱のカサが高い。

いつものDesigned by Apple in Californiaは同じ。

由位于加利福尼亚州的苹果公司设计とか書かれてたら面白かったが。

その下にはiPhone。

その下がLightning端子のイヤフォン(さらに下にLightningケーブル)と充電用プラグ。

このBFタイプ(イギリス式)プラグのせいで、日本版より箱のカサが高いのだ。

裏側も「iPhone」のみのシンプルな表記で、外観から海外版と分かる事は不可能。

もちろん日本語化出来るので画面も日本版と変わらない。

 

ハイパー素人のとり方だが、一応iPhone6(日本版)、iPhone7(日本版)、iPhone8(香港版)と並べてみる。見た目では差が分からん。

というわけでiPhone SE(北米版)からiPhone8(香港版)にデータ以降してみた。

改めてどれだけiPhone持ってるんだよっ感じだが、iPhone6、iPhone SE、iPhone7、iPhone8 x2、iPhone XSの6台が家にある。(iPhone5は数ヶ月前に南アフリカ共和国人に売った)

海外版iPhone利用の注意点

私はメインスマホとしてiPhone XSを持っている中、今回、海外旅行時と自身の知的好奇心を満たすために香港版を購入し、格安SIMでも受信出来るかの確認を行ったが、香港版iPhone8は日本の技適が取れていないため、日本国内でローミング以外の利用は電波法違反となる。

では、利用したら即捕まるのか?というと、ITmediaの取材での総務省の見解は以下となる。

「技適なしの海外スマホなどを使って捕まった人はまだいないと思います。量刑判断となると、それは司法の場なので、われわれは『使わないでくださいね』と言うくらいです」
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/20/news035.html

技適無し端末の利用=逮捕となったケースはまだ無いとの事だが、法律違反である事は違いないのでその点理解の上使おう。

あとがき

最近のiPhoneはLIVE PHOTOならかなり小さい音が鳴るだけなので自己満足に近い。

もしこれを読んで興味を持った人は、まずイオシスにて在庫を確認し、気になるようなら実店舗に見に行こう。

ちなみにiPhone8はそもそも在庫がかなり減ってきているので入手しにくい。

大きくても良いなら、多分未使用のDual-SIMで使える香港版iPhone XR(やっぱり技適無し)が大量入荷しているのでこれを狙うのも良いだろう。



コメント

  1. 半年で月1万PV達成ブロガー より:

    ほんとこのサイトは今の時代に貴重な優良サイトですね。
    写真もいっぱいですごく参考になりました。
    香港製iphoneいいですね。欲しくなりました。
    たまたま別の記事に検索でたどり着きましたが為になるので
    色々見させていただき初めてスマホにブックマークしました。
    ちなみにiphon使いですがしばらくブックマークの登録方法が
    分からず悩みました(笑)
    ブログに扮したステマ広告が多い中本当に持ってる知識を
    ブログにアウトプットするのが好きな方なんだなって感じます。
    でもおせっかいな話ですがカテゴリかタグかがわかりにくいです。すごい面白いけどジャンルの幅が広いので
    もう少し同ジャンルがきれいにカテゴリー訳されてるとありがたいです。
    でも判りにくいからこそ新たなブログにであったわけですが(笑)
    通りすがりが何言ってんだって感じなんですけど
    私も広告中心ではない優良サイト目指したブロガーな卵でして、
    これからも頑張ってくださいね!

    • Keisuke.N より:

      ありがとうございます。
      励みになります。
      カテゴリはそうですね。何度かシンプル化しようとして上手く行っていません。
      タグにするなど検討していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました