Lenovo ideapad 320メモリ増設方法を解説

家電

Lenovoのideapadは価格の割にスペックが良い事から私のようなコスパ民に好まれるのだが、価格のしわ寄せか後からハードウェアのカスタマイズがしにくい問題がある。

今回は、私がサブで使っているideapad320-15ISKのメモリ増設にチャレンジしたので記載しておく。

スポンサーリンク

ideapad320-15ISK(80XH0049JP)とは

2017年10月に買ったideapad320のスペックは、

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)
  • ディスプレイ:15.6型 HD (1366×768ドット)
  • CPU:インテル® Core™ i3-6006U プロセッサー
  • HDD:1TB (5400rpm)
  • メモリ:4GB(PC4-17000 DDR4 SDRAM)
  • 光学ドライブ:DVD スーパーマルチ ドライブ

端子として通常サイズのUSB3.0を2つ搭載した上、USB-Cも1つあり、SDカードリーダーも搭載。

これ1台あれば当分何かを開けない・繋げられなくて困るという事は無い。

ただし、細かいところを見ると、ディスプレイの解像度が低いとか、SSDでなくHDDなのは仕方ないとしても5400回転と低く(ただ、もう2.5インチの7200rpmはあまり作られてないようだが)、メモリもオンボード4GBと余裕が無い。

メモリは安いので増設したいところだが、オフィシャルサイトでは最大容量4GB、メモリスロット空き無しと書かれており今どきこんな仕様あり?と思って調べたが、また、価格.com等の書き込みも出来るという人と出来ないという人(多分マニュアルで空きスロット無しを信じている)がいてやっぱりよく分からない。

保守用マニュアルや同型他機種を見て本当は隠しスロットありそうだと踏んで、分解、、というほど大げさではないが裏蓋を外す事を決意。

なお、いろんな型番があるが、15.6インチ液晶のideapad320であれば基本的に同じはずだ。

ideapad分解方法

Mac Book等薄型(昔でいうウルトラブック)以外、多くのノートPCはバッテリーが外せたり、メモリへのアクセス用蓋があって簡単なのだが、ideapadは裏面を見ても外せそうにない。

無理やり外すしかない。

本来、マザーボード付近を触る際はバッテリーを抜いて行うのだが、バッテリーも外さないとアクセス出来ないので、絶対電源ボタンを触らないように進めよう。

 

まずは裏面にあるネジ13個を全部はずそう。ネジのサイズは全部同じだが一般的なネジ穴より小さいので小型ドライバーが必要となる。

外したネジを無くさないよう器を用意しておく事をおすすめする。

ネジを外すとDVDドライブが抜けるようになるので引き抜く。(力いらない)

ここからが大変というか唯一かつ最大の鬼門だが、キーボードと底版はプラスチック(樹脂?)のツメをひっかけてくっついているのでそれを無理やり外していく。

最初はマイナスドライバーや定規等を使って開いていこう。

傷つけないよう、割らないよう、曲げないよう開けていくのだが、ほんと壊さないか冷や汗をかくので部屋は涼しくしておいた方がよい。

かなり開いた。

ついに外す事が出来た。

写真取りながらだったが10分かからないくらいだった。

メモリ増設方法

メモリの空きスロットも発見!!

ここに、事前に買っておいたシリコンパワーの4GBメモリを付ける。

これで完了。

後は裏面とキーボード側をはめていく。押し込めばバコバコ入っていくので外す時に比べ一瞬で終わった。

8GBになっているか確認

Windows上で確認すると実装メモリが8.00GBとなっていた。

まとめ

3万ちょいで買ったパソコンだが、8GBにした事で当面使えるようになった。

と、言いたいところだが実感として快適になった感は薄い。もちろんブラウザで大量にタブを開く時等は恩恵を受けられるが、起動の遅さはHDD起因なのか相変わらず遅いからだ。

とはいえ、私はサブPCなので用途が限られるが、日常的に使っている人なら3000円たらずで出来るカスタマイズ方法なのでやる価値はあると思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました