Twitterで毎日お得情報発信中!是非フォローお願いします

Apple Watch後の世界 ー電子マネーー

Pay・ポイント
この記事は約3分で読めます。

多少あおりっぽいタイトルを付けたが、本日JCBのQUICPayにコイン型、リストバンド型がリリースされるニュースが流れた。

PR TIMES http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000039.000011361.html

JCB 報道関係用Press Releaseから

「QUICPay コイン」は、従来のカードタイプの QUICPay と異なり、直径3㎝程度のコインの形状をしたコンパクトなデザインとなっています。ランニングなどのスポーツやレジャーシーンなどのお財布を携帯しにくい場面でも、小銭入れや専用のリストバンド(下図ご参照)に入れて持ち運ぶことができます。カードタイプと同様、コンビニエンスストア等全国の QUICPay 加盟店で利用できます。 

多分個人でこのリストバンドを使う人はほとんどいないだろう。
しかし、プールや銭湯等、財布を携帯しにくい場面では役に立つ。

実はすでにあるウェアラブル電子マネー

近い仕組みを東京都にある遊園地、としまえんのプールで採用している。

http://www.toshimaen.co.jp/pool/cash.html

としまえんのプール内だけで使える極小地域通貨だ。

レジャー施設とJCBが組んでレンタル出来ればとしまえん同様の活用出来そうだが、いかんせんQUICPayはクレジットカードに紐づく後払い電子マネーなのでチャージの概念がない。
つまり、レンタル利用は出来ない。
実は楽天Edyも「ストラップ型」電子マネーを出しているので加盟店数等を考えるとこちらの方が使えるかもしれない。

ちなみにこの仕組、おそらくは大日本印刷の非接触IC媒体『Smart-Jacket®(スマートジャケット)』だと思われる。
つまりFeliCaを使った電子マネーであれば理論上どこともこのサイズで作る事が可能なのだ。
しかし今のところ楽天Edyくらいしかみないし使ってる人も見ない。

Apple Watchにあこがれて

さて、話を最初に戻すと上記を見ても分かるようにQUICPayコインはイノベーティブなソリューションではない。
何故今出してきたかというとApple Watch(アップルウォッチ)の影響ではないかと考えている。

今までAppleはiPodで音楽の聞き方を。iPhoneで携帯の常識を変えてきた。
今後、ウェアラブルな電子マネーが流行ると見越してリストバンド型(時計型)で出してきたのではないだろうか。

長年使ってきたガラケーからiPhone1台持ちになって、また財布(に入ったSuica等)をかざす生活になったが、近くのコンビニくらいならiPhone1台で出たいなと思う事が多々ある。

NTTドコモが「おサイフケータイ ジャケット01」を発売しiPhoneを擬似的におサイフケータイに出来るようになったがどうも使う気になれない。

しかし、Apple WatchによりApple Payが世界的に流行ればウエアラブル電子マネーがライフスタイルに入ってくる可能性が高い。
もちろんApple Payは日本の電子マネーの標準となっているFeliCaの仕組みとは違うためいくらAppleといえど本気で日本市場を狙っても普及には数年かかるだろう。
その間に「Apple Watchの電子マネーみたいな感じだよ」っていうニッチな世界でどれだけ売れるかが重要だ。

頑張れ日本企業!

コメント