PayPayジャンボで1000%還元!?実際祭感は薄いが使える人も。

金融

今やスマホ決済の代名詞となったPayPay。

ソフトバンクグループの資本力を活かしなんちゃらペイの20%還元の礎を築いたサービスだが、今や回収フェーズに入ったようで寒い状況となっている。

そんなPayPayが6月1日から行うのが最大1000%還元を謳うペイペイジャンボだ。

ちなみに「6月はオンラインがお得!最大10%戻ってくるキャンペーン」も同時開催しているが同時開催というか同じキャンペーンの「ハズレ」だ。

<緊急事態宣言解除後も>

なるべくStay Homeで

【#StayHome】外出自粛でも家で最大限楽しむ方法
...
スポンサーリンク

ペイペイジャンボとは

ペイペイジャンボは2020年6月1日から30日までの1ヶ月間、ペイペイのオンライン決済を採用する一部加盟店での買い物で、標準(つまりハズレ)で10%(最大5,000円相当)だが1等1,000%、2等で100%還元(どちらも最大10万相当)の「PayPayボーナス」がキャッシュバックされるサービス。

PayPayボーナス:出金や送金が出来ないPayPay残高。一度チャージしたPayPayを銀行口座に戻す人や普段から送金を使っている人はそれなりにチャージがあるだろう事から実質PayPay残高と思っても問題ない。

1等は1000%、つまり購入金額の10倍が戻ってくるけど10万円相当なので1万円の買い物が最大還元上限となる。

2等は100%、つまり購入金額分が戻ってくるので10万円相当だと10万円分の買い物が最大還元上限となる。

そしてハズレである10%は還元上限が5,000円なので、5万円分の買い物が最大還元上限。

 

PayPay残高払いに対応しているヤフーショッピングやPayPayモールも対象?祭りじゃん!と思いきや、残念ながらそれら自社グループのECは対象外。

PayPayはキャンペーン開始後からも参加店舗が増えるので以下で最新情報を確認してほしいが、6月1日時点であまり触手が動くサイトは少ない。

ペイペイジャンボ(オンライン)&最大10%戻ってくるキャンペーン - PayPay
ネットショッピングもPayPayで「ペイペイジャンボ(オンライン)」と「6月はオンラインがお得!最大10%戻ってくるキャンペーン」

 

だから昔のキャンペーンのように、いらないかもしれないけどこの機会に使おうとまでは思えないが、欲しい物と対象店舗があえばお得なケースもあるのでチェックしてみよう。

当選確率は?

中の人ではないのでまったく想像つかないがフェルミ定理的に想像してみよう。

PayPayのユーザーは2月20日時点で2500万人を突破したと発表されている。ワイモバイルの契約時に店員に1000円あげるからととりあえず登録されたりしている人は登録後使ってないだろう。

MAU(実際に使っている人の割合)は20%くらいかなと思う。

アクティブ500万人のうち、実店舗ではなくネットショップで使う人はヤフーショッピング、PayPayモールを含めれば半数を超えそう。60%と置こう。

300万人のうち、他のオンラインショッピングでPayPayを使うのはどうだろう、そもそも対応店舗も限られる上、元々の利用者はクレジットカード等別の決済手段を使っている。キャンペーン参加意欲を持つのは精々1割くらいではなかろうか。

となると30万人くらいが今回のキャンペーンに参加する意欲を持つわけだが、冒頭に書いた通り、今回はずれの場合10%還元だ。

楽天市場やYahoo!ショッピングであれば20%や30%ポイント還元されている商品もあるため、10%還元されたとて必ずしもお得とは限らない。

比較検討した結果辞める人、そもそも参加を考えていたが買うものが思いつかず参加を見送る人が半分くらいいそうだ。

今回のキャンペーンははずれの10%の上限が5000円相当である事からおそらく数万円の買い物を1回して終わりにする人がほとんどだと思われる。

今回のキャンペーン参加者を「15万人・回」と想定した。

1等(1000%還元)は1500本なので1%。2等(100%還元)は15000本なので10%の確率で当たる。

あれ、こう書くと結構当たりそうだな。

ただし、「当社の想定決済回数を基に、1決済当たりの当選確率を掛けて算出しています。実際の決済回数が想定より少ない場合には、当選本数は上記より少なくなります。」という文言があり、PayPay側の想定より参加者が少なかった場合は当選本数が少なくなる。

これは、景表法で20%以下に抑えないと法律違反となるための記載だと思われる。

15万回の買い物が全て1万円の買い物だった場合、15億円の決済となる。

うち、1%の1500万円決済に対して1.5億円相当還元。

10%の1.5億円決済に対して1.5億円相当還元。

89%の13.35億円決済に対して1.335億円還元。

計4.335億円相当のPayPayボーナスを還元する。

この場合、景表法20%に抑えるには21.675億円の決済が必要。

15万人、1回一律1万円の決済だと、当選数が減る事となるが実際は数百円の買い物で1000%還元当選したり、一人で複数回購入したり、10万円以上の買い物して結局5,000円相当しか還元されない人なんかもいるのでPayPay側も20万人くらい参加させるつもりで設定しているのではないだろうか。

おすすめのショッピング

出前館UberEatsを普段から使っているなら10%還元でもおいしいので率先してPayPay決済しよう。

後は、ヤマダ電機でiPadでも買うくらいかなぁ。

iPadを楽天やヤフショで買おうとするとポイント還元はあるものの定価以上で販売していて損。

↑何故か第7世代が4万円以上する。

ヤマダならApple製品も定価販売なので前から欲しかったならアリだ。

販売終了も多いが、アウトレットもある。

他、AppleWatchやiPadなども秋に新商品出そうだけど(でもコロナの影響で来年にずれ込むんじゃないかな)前々から買おうと思っていたならこの機会に。

 

個人的には親がiPad2を使い続けているので新しいの買い与えようかと思っているのだがSoCがA10なのがなぁ。絶対ApplePencilとか使わないしこれなら2018年~2019年の20%キャンペーン時に第6世代買っておけばよかったと思ってる。

コロナでiPhone12の発売が延期になる代わりとしてマイナーアップデートのA11もしくはA12を搭載した第8世代iPadを値段据え置きでひっそり秋に発売しそうな気がするし。(過去にiPad3発売の半年後にiPad4が出てiPad3が廃盤となったりしている。)

Safari使わなければYouTube見たりするくらいならiPad2でもまだ戦えるし。

古いiPadで使える旧バージョンアプリをダウンロードし2020年もフル活用しよう
...

 

後は今後の旅行のためにジンバル付きカメラDJI OSMO POCKETが欲しいしヤマダで売ってた。

けど、画角がもう少し広いのが良いんだよなぁ。

ヤフーの方がポイント還元率高そうだしな。

 

他に買い物しそうなところがなかったが、自作PC作る人ならドスパラも使えるだろう。

使えそうなサイトを探してみよう。

ペイペイジャンボ(オンライン)&最大10%戻ってくるキャンペーン - PayPay
ネットショッピングもPayPayで「ペイペイジャンボ(オンライン)」と「6月はオンラインがお得!最大10%戻ってくるキャンペーン」

PayPay100億円第二弾が終わって約1年経つが、店舗側の解約が増えているようだ。PayPayからすると街中の店にステッカーを貼ってユーザーにどこでも使える感を出せればよかったのでたいして売上の上がらない店舗の解約はさほど気にならないだろう。

また昔のような大盤振る舞いやってほしいがLINE Payともいずれ統合するだろうしもはや回収モードなので厳しいだろうな。

PayPay第2弾100億円キャンペーン!おすすめ攻略方法も解説
...
PayPayで支払うと20%戻ってくる!年末年始の本命はこれかも?と思ってたら10日で100億配り終えて早期終了
...

コメント