.tkの期限が切れるとどうなるのか

形無いもの

先日のブログで.tkドメインが更新出来なくなったと書いたが、残念ながらそのまま期限を迎えてしまった。

.tkが使えなくなった話
...

 

諦めたような書き方をしていたが、万が一でも更新出来るかもしれないと、毎日ログインして確認していたのだが完全に徒労に終わった。

今回は、.tkドメインを更新しないとどうなるかをお伝えしよう。

スポンサーリンク

 1. SEO効果が0どころかマイナスになる

Typicalc(ケース研の以前の名前)は、さほど更新してないしアフィリエイトブログとして生計立ててるわけでもないので諦めがついているが、ガチ勢ブロガーがdot.tkで作るのは辞めたほうがいいだろう。


上記はtypicalcで検索したものだが、当然1年間それなりにアクセスのあった.tkアドレスにリンクされている。

しかしそこにアクセスされてももうtypicalcには繋がらない。
これだと(元々ほとんど無いけど)SEO効果が0どころかマイナスである。

2. 広告というと聞こえの良いフィッシングサイトになる

で、SEO効果がマイナスになるだけならまだいいのだが、.tkは期限が切れると広告が載るようになる。
そうやってある程度アクセスのあるサイトが更新をやめた際、跡地に広告を貼る事で利益を出すのがdot.tkのビジネスモデルだ。

今、typicalc.tkに行くと、以下ページにリダイレクトされる。

これは、昨年いくつかのニュースサイトでも取り上げられたフィッシング(詐欺)サイトだ。

また、更新時期にならなくてもドメインを乗っ取られる事もあるようだ。

私が2年間無事に使えたのは珍しいケースなのかもしれない。

3. 総括

とはいえ、無料で短く覚えやすいドメインを作ろうとすると、転送URL以外では実質dot.tkしかない。
簡単とは言え、DNSの設定等、ネットワークの知識が必要で勉強になるのでお金をかけて本格的にブログを始める前に練習してみたい。という事であれば悪くないと思う。

ただ、どうしようもないとは言え、自分の使っていたドメインが詐欺サイトへの誘導に使われるのは残念だ

コメント