車を持たない選択、タイムズカーが便利すぎるので紹介したい

お出かけ
この記事は約10分で読めます。

皆さんカーシェアは使っているだろうか?

私も実家に住んでいた頃は自家用車を持っていたが、東京に出てからは電車で十分であり手放した。

とはいえ車があれば行動の幅が広がる。

旅行やアウトドアが好きな人で毎週末ドライブしている人でもない限り、車の負担は重い。

新車で130万円程度の安価な車でも、駐車場代や保険などを負担額を慣らすと月4万円くらいかかる計算。

そこにガソリン代や目的地のパーキング代などもかかってくる。

しかし例えば重い荷物を運びたいとか、子供が産まれるとベビーカーや抱っこひもでの電車移動は大変であり車が欲しくなる。

欲しくなるけど欲しいのは月数回。それだけしか乗らない人にとってはコスパ悪すぎるだろう。

マイカー持っている人も、普段車に乗らない人も知っておいて損は無いカーシェアについて基礎から応用、マイカー比較を行っていきたい。

なお、国内最大級の「タイムズカー」をベースに話をしていく。

スポンサーリンク

カーシェアとは

カーシェアは車を短期間借りられるサービスだ。

レンタカーとの大きな違いは事前に予約して店舗に行かなくても無人で車を借りられるところだ。

車を借りられる場所はステーションと呼ばれ、コインパーキングに併設されていることが多い。

借りる際はウェブ予約の上、車の窓に取り付けられた読み取り機に会員カードをかざせばドアが空いて乗る事が出来る。

利用料にガソリン代も含まれるため返却時にガソリンスタンドに行く必要もないし、レンタカーだと20時で閉まる店も多いが営業時間を気にする必要もない。

また、車を30分使いたいからレンタカーを借りるという選択肢は無いと思うが、カーシェアなら可能。

このようにレンタカーでは敷居の高かったちょい乗りで利用出来るのがカーシェアの大きなメリットだ。

また、かつては長時間だったらレンタカーだったのが提供企業側からしても店員不要でレンタルしてもらえるのはコストメリットがある事から、長時間利用の価格も下がっており、価格差も減ってきている。

 

カーシェアの使い方

 

まずは会員登録が必要だ。

タイムズカー(旧タイムズカーシェア)の場合、カード発行料がかかるが、毎月のように発行手数料無料キャンペーンを実施している。

Webサイトでオンライン手続き後、最寄りの店舗でカードを受け取る形となる。

入会可能店舗一覧 | カーシェアリングのタイムズカー(旧タイムズカーシェア)

また、全国で毎日カーシェア説明会を実施しているので時間に余裕があるなら聞きに行くと良いだろう。

その場で契約、カード発行してもらう事も可能だ。

説明会情報 | カーシェアリングのタイムズカー(旧タイムズカーシェア)

価格

まず、月額基本料金だ。

プラン月額
基本
料金
無料
利用
料金
特長内容・条件
個人
プラン
880円880円タイムズカーの基本プラン個人のお客様なら
どなたでもお選びいただけます。
家族
プラン
880円880円1人分の月額基本料金で
ご家族全員利用可能
運転免許証に記載された名字
もしくは住所が同一であることが
条件。
(会員カードは家族1人ずつ発行)
学生
プラン
無料0円入会月から4年間の
月額基本料金が無料
入会時、日本国内の学校に在籍して
いることが入会条件。
(学生証、生徒証、在学証明書
などの
コピーが必要)
法人
プラン
無料0円月額基本料金が無料のプラン入会審査あり

個人プラン・家族プランの場合、880円の月額基本料金がかかるが、同額の無料利用料金がついている。

繰り越しはできないため1時間以上使わない月はもったいない。

月額費がかからないのは学生と法人プランとなる。学生じゃない場合どうしても無料にしたければ法人プランだが、当然”法人”でないと契約出来ない。

なお、今回詳しくは説明しないが利用料はタイムズカーよりちょっと高いがcarecoなら月額基本料無料なので、マジで年に数回しか必要ないけど必要な時はマジ必要という場合におすすめ。

 

価格は車種によって3種類に分けられており、ベーシッククラス、ミドルクラス、プレミアムクラスの順に高くなる。

多くの4~5人乗りがベーシッククラス。フリードやプレマシーといった7人乗りがミドルクラス、セレナ、ノアなどの8人乗りがプレミアムクラスとなる。

感覚的には8割がベーシッククラスとなる。むしろ7人乗りや8人乗りが必要な際は最寄りに無い可能性が高いので徒歩圏内だとどこにあるのか事前にチェックしておこう。

料金表

ベーシックミドルプレミアム
時間料金220円/15分
最大
時間
料金
6時間まで4,290円
12時間まで5,500円
24時間まで6,600円
36時間まで8,800円
48時間まで9,900円
72時間まで14,300円
以降1日毎5,500円
ナイトパック
18:00-翌9:00
で6時間以内
2,640円
距離料金16円/km

・時間料金:6時間以上ご利用で
利用開始時からの走行距離に対して課金
・ナイトパック:利用開始時からの
走行距離に対して課金

カーナビ、ETC、ドライブレコーダー、初心者マーク、ジュニアシートは標準搭載で有料オプションでチャイルドシートやスタッドレスタイヤも選択出来る。

 

 

実際に利用してみた

私が初めてカーシェアを使った時に感じた便利な点や注意点などを書いていこう。

妻の里帰り出産で結構多くの荷物を持っていく必要がありカーシェアを使う事にした。

 

登録ができていればアプリから簡単に近くのステーションと借りられる車種が確認出来る。

借りたい時間を指定し、マップを借りたい場所に持っていくと近隣のステーションが表示され、黄色は借りられる車がある。白はその時間に空きが無い事がわかる。

東京近郊なら15分後に乗りたいと思って最寄りに空きがなくとも徒歩圏内に空きがある事が多いが、利用するのがわかっているなら2週間前から予約しておこう。

自分が予約した車を確認したら、前に置いてある黄色い看板を端に避けておく。

 

カードタッチの場所を確認。

 

タッチするとハザードが点滅し、運転席側のドアが開く。

鍵はダッシュボードの中にあり、取り出すと案内が自動で流れる。

予約時間が表示される。

18時からの予約だが、概ね15分前から使えるため、17:49にはもうエンジンをかけられていた。

車を出して、端に寄せておいた重りを車のあった位置に置けば完了だ。

 

後部座席には初心者マークなどが入った袋と、ジュニアシートがあった。全車に搭載されている。

※ジュニアシートは4歳~10歳程度で利用するもので、”チャイルドシート”では無い。

 

あとは普通に運転するだけだ。

安全運転すると後述のTCPプログラムのポイントがもらえ、様々な優遇が受けられるのだが反対に急加速、急減速をすると注意されもらえるポイント数が少なくなる。

月数回の利用だと恩恵を受けられるほどのポイントは貯まらないのだが、安全運転を心がけよう。

 

目的地ではコインパーキングに停めた。

その際は鍵のボタンで施錠し、鍵を持って移動し戻ったら鍵のボタンで解錠するだけ。

借りたステーションに戻ったら、車庫に置いた重りを端に寄せ、車庫入れし、鍵に付いてあるキーホルダーをダッシュボード内にある挿入口に挿せば返却完了だ。

外に出てドアを閉めれば自動で施錠される。

最後に重りを車の前に置こう。

初めて使って感じたメリット

本当に拍子抜けなくらい簡単で安価で、もっと前から使えるシーンあっただろうなと思った。

むちゃくちゃ簡単に借りられるという事に尽きる。

今回撮影しながらだったが特に迷う事もなく3分以内に出発出来た。

重り看板をどかす、戻す、カードをかざすという行為以外は駐車場にマイカーを取りに来た感覚。

次回は1分で出発出来るだろう。

また、返却時にガソリンを入れる必要もないため慣れない給油をしなくて済む。

安い

私が借りた時は、ナイトパック18時以降6時間以内で990円+16円/kmというキャンペーンを実施していた。

今回は、片道1時間で、妻の実家で2時間ほど過ごして帰ったのだが、

■利用時間 18:00(実際は17:49) – 23:03

■時間料金 990円(5時間03分)
■距離料金 944円(59km)

と、5時間使って妻とスーツケース1つ、ボストンバッグ2つ、ダンボール1つ運んで、2時間ほど滞在して戻ってきて2,000円だった。(私はここに安心保証サービスという330円の保険に入ったが)

 

まぁ通常ナイトパックは2,640円なので普段だと3,500円ほど必要。時間貸しなら5時間で4400円かかる。

電車に慣れているとちょっと高く感じる人もいるかもしれないが断然安い。

何故なら都内で駐車場を借りると3万円くらい。ちょっと外れても2万円かかると考えるとガソリン代込みでこの値段なら毎週末数時間使っても駐車場代程度という事だからだ。

 

初めて使って感じたデメリット

たいしたデメリットというわけではないが、いくつかあったので書いていこう。

重りを移動させるのが面倒

この重りを移動させるという行為だが、野ざらしでけしてきれいとは言い難いのであまり触りたくないものを一度どけて出庫して戻って戻さないといけない。

コインパーキング内のため、車を降りている間に他の車が入ってきたら邪魔をしてしまう可能性もあり特に狭いパーキングだとハラハラする。

 

タイムズのパーキングしか探せないカーナビ

すべてのタイムズカーのカーナビがそうなのかは不明だが、私が借りた車のナビには近くのタイムズを探す機能しかなく妻の実家近くにはタイムズがあまりなく駐車するまでかなり時間がかかってしまった。

今はスマホアプリで検索することも簡単だと思うがなんせ普段運転しないのでGoogleマップにそんな機能があるか?とかが分からない。

これは意外で結構イラっとした。

事前に最寄りのパーキングを調べておく事をおすすめする。

 

カーシェアはこういう時便利

 

旅行先で公共交通機関が無い時

昨年GoToトラベルがはじまってすぐの頃に鹿児島に旅行し、霧島というエリアに宿をとった。

空港から鹿児島市内を観光後、桜島に行って17時くらいに鹿児島市内に戻りながら経路検索すると宿へのバスが無い!なんとバスの最終が18時。

結局空港バスで空港まで行ったあと、タクシーで1万円払って宿まで向かったが、翌日も本数の少ないバスを乗り継いで鹿児島市内に行ったのだ。

今まで旅行といえば海外旅行だったため国内旅行に慣れておらず、車がなくても日本全国なんとでもなると思っている自分がいたが、

正直鹿児島観光は車が必要だった。この手の温泉宿は宿泊客用に駐車場を無料で提供しているので、鹿児島駅付近もしくは空港からカーシェアでホテルに行って、翌朝霧島エリアを観光して車返して帰路につけばよかったなと後悔した。

(というかそれがきっかけでカーシェア登録する事になった)

大きな荷物を預けたい時

ホテルをチェックアウトしても荷物を預かってくれるが、必ずしもホテルの場所が便利とは限らない。

そもそも

そういう場合コインロッカーが便利だが大きい荷物の場合結構お金がかかる。特に人数がいればいるほどグループ全体で必要な金額は高くなる。

それならカーシェアを借りて車をロッカー代わりに使えばいい。

 

残念な点

 

乗り捨て出来ない

まぁ仕方がないといえば仕方ないが、タイムズほどコインパーキングとカーシェアのステーションがあるなら乗り捨てを実現出来なくはないと思うのだが今のところ一部の空港で実現するのみ。

シェアサイクルなら乗り捨てというか、別のステーションに返却出来るのが当たり前になってきてこれが料金の高いカーシェアで出来るようになったら多分今の倍利用するようになると思う。

東京9区をまたいで使えるドコモのサイクルシェア登録方法と使いみちとレビュー
...

カーシェアはコスパよくQoLを上げるサービス

基本的に車は不要だけど、やっぱり無いよりはあったほうがいい。これを叶えるのがカーシェア。

4月になって新しい環境で新生活が始まった人はカーシェアを検討しよう。

 

(明らかに下書きだけど一旦アップしますw)

カーシェアリングならタイムズカー
タイムズのカーシェアリングサービス「タイムズカー」!必要な時に自由にクルマを使えます。

 

 

コメント