iPhone8は9月15日予約開始!iPhoneXも登場

スマホ関連

日本時間の9月13日Apple ParkのSteve Jobs Theater(スティーブジョブスシアター)にてiPhone8とiPhoneXをはじめとする新商品を発表した。

年を取ったのか、iPhoneがすでに完成しきってしまったのか、Appleが期待はずれなのか、例年の感動はなかった。

iPhone 3GSからのユーザーだが、今やGALAXY S8の方がワクワクしている。

今回は新iPhoneが発表された事で、どういう変化があって、何を買えば良いか考察したい。

・iPhone8
容量:64GB、256GB
価格:iPhone 8:7万8800円~
   iPhone 8 Plus:8万9800円~
色:シルバー、ブラック、ゴールド
予約開始日:9月15日
発売日:9月22日開始

・iPhoneX
容量:64GB、256GB
価格:iPhone 8:11万2800円~
色:シルバー、ブラック、ゴールド
予約開始日:10月27日
発売日:11月3日開始

毎年発表直前に様々な情報がリークするが今回のiPhoneXに関しては結構前から情報が漏れており知っている情報ばかりだった。

また、iPhone8もiPhone7からそこまで進化、強化したとは思えず、デザインも代わり映えないことから、iPhone7sでよかったのでは。と思った。

スポンサーリンク

iPhoneナンバリング終了か?

iPhoneXはアイフォンエックスではなく、アイフォンテンと読む。そう。よくゲームのタイトルで使われるローマ数字の「10」だ。

元々、iPhone3GはLTEの前の3ジェネレーションから付けられたが、その後の4以降はナンバリングとして使われてきた。

昨年の7の次は例年通りであれば7s(もしくは7S)となるのだが、正当進化版は「8」とされた。

iPhone9を飛ばして8と10が出た事になる。

おそらく、今のiPhoneの後に数字が続く形式は今回で終わるのであろう。

過去、iPadでも2012年の「iPad4」の次は「iPad Air」となり、2017年「iPad」となっている。

コンシューマー側からすると検索しにくい事この上ないのだが、新しさを演出するのに、数字が増え続けるのは良くないという事なのだろう。

Appleは以前から自分達が過去に作った製品すら、ダサいものにしてきた。(iPod等)

もしかしたらiPhone Xを最後に、iPhoneという名前すら使わなくなるかもしれない。

iPhoneは2年で買い換えるべきか?

日本では長らく携帯キャリアによる販売奨励金制度により、2年に1回機種変もしくはMNPをしないと損するサービスを作ってきたため、まだまだ使える機種であっても24ヶ月で乗り換える事が一般的であった。

iPhoneに不満が無いのであれば、2年毎にその時最新のiPhoneに買い替えてきた。

だが、格安SIMが台頭している今、かならずしも2年で買い換える必要がなくなってきている。

格安SIMが出てきた当時こそ、申込者数に回線が間に合わず12時台や22時以降にむちゃくちゃ遅くなる等問題があったが、今はほとんど解消されている。(ちなみに私はIIJ MIO(音声あり)とnuroモバイル(データのみ)の回線を持っている)

今だとドコモ回線とau回線が選べるマイネオデータ通信と音声通話込みで1年間410円/月(税抜)~で契約出来るキャンペーンをおこなっている。

これは過去色んな会社がやってきたキャンペーンの中でも最大級の安さだ。
(今までのキャンペーンの大半がデータ通信のみのSIM契約だった)

410円で契約出来るのは500MB/月の通信料しか含んでいないが3GB/月程度の通信料があれば十分ではないだろうか?であれば初年度700円/月(2年目以降1,600円/月)となる。
※ドコモ回線の場合。au回線なら10円安い

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の場合、毎月通話・通信料で7,000円程度かかっているため、2年で168,000円。
マイネオ3GBなら27,600円だ。その差、14万円

2年で買い換えるべきはiPhoneというよりも回線だ。

5種類のiPhoneが併売される

Apple Special Event. September 12, 2017.

通常、新モデルが出ると旧モデルは型落ちとして、販売店が在庫処分を行うが、iPhoneの場合は過去モデルも作り続け併売される。

過去モデルを価格改定し、安価版として販売するのだ。

iPhoneはハイスペックモデルだが、過去機種を相対的にロースペック版として販売継続する事で無駄に機種を作らずに両方を実現している。

iPhone8とiPhoneXが発表され、8機種が同時販売される事が発覚した。

・iPhone SE
 スペックより小型重視、価格重視の人(中身は6s同等)

・iPhone6s
 安価で大画面、イヤフォンジャックが欲しい人

・iPhone7
 防水、おサイフケータイ、ピンクが欲しい人

・iPhone8
 無線充電が欲しい人

・iPhone X
 いっちゃんええやつが良い人

で買えば良い。

iPhone 8 、iPhone Xは買いか?

iPhone8

iPhone8がiPhone7から進化した点は以下だ。

・CPU強化(省電力化)
・スピーカー音量増
・ワイヤレス充電
・カメラ強化

この中で、iPhone7から目に見えてよくなったのはワイヤレス充電くらいだ。

もちろんCPU強化による省電力化等の恩恵はあるものの、7のFelica対応、防水対応ほどのインパクトは無い。

なお、ワイヤレス充電はAppleにしては珍しくQi(チー)を採用した事を評価する。

Qiは複数のメーカーで開発、規格化した汎用性の高い無線充電方式だ。
以下のような安価なもので充電出来るようになる。

実は以前からApple WatchはQiを採用しているが、以下のようなMade for iPhone(MFi)認証を受けたもの以外充電出来ないようになっている。

おそらくiPhone8は大丈夫だと思うのだが、もし専用機しかないのであればさらに魅力が落ちる。

ワイヤレス充電は、家に帰って充電器に置いておけば良い点は便利だが、デジカメ等と違い、つねに手元にあるスマホで向いているかというと微妙だ。
持ち上げた瞬間に充電されなくなるわけなので。

風呂や就寝時等、確実に長時間スマホを手に取らない時しかメリットがない。

そう考えると、なるべく安く買いたいと思っているのであれば150ドル安いiPhone7で良いのではないかと思う。

iPhone X

iPhone Xは過去のモデルとコンセプトが違う。
そもそもアスペクト比も一般的な16:9と異なり超縦長となる。

Touch ID(指紋認証)もなくなり、顔認証となる。

非常に新しいが、ポケットから画面の一部だけ出してさっと届いたメールを確認したいといった場合にどこまでロック解除が対応出来るのか気になる。

また、アスペクト比が変わった事で既存のアプリは上下に黒帯が入る事になるだろう。
iPhone4sからiPhone5に変わった時のように。

そのうちiPhoneXに最適化されたものも出てくるだろうが、同時発売のiPhone8がiPhone6~7と同じである以上、対応しないままのものも多いと思われる。

CPUはベンチマークスコアを見るに、そこそこ高スペックのパソコンレベルだ。

ただ、これも動画のエンコードやGarageBandで16トラック編集する等よほどの負荷をかける作業をしない限りは差が出にくそうだ。

というわけで、否定はしないが、実際に使ったレビューが出揃うまで様子を見た方が良さそうだ。

総括して

iPhoneの発表会は毎年わくわくしてリアルタイムで見ていた。
昨年だか一昨年だか、何故か同時通訳の中国語が聞こえてくる等のトラブルもありながら新しい機能にわくわくしたものだがもうみんなが欲しいものは揃ってしまった気がする。

むしろ、切り詰めすぎてイヤフォンジャックがなくなってしまったり、カメラボタンを付けないかわりに音量ボタンをシャッターに割り当てたため明らかにカメラの位置がおかしい状態で撮影する必要があったりと不便になっている。

もう薄さは追い詰めなくてよいので、イヤフォンジャックの復活と、右下にマルチキー(メイン用途としてはカメラのシャッター。よく使うアプリやSOSボタン等への割り当てが出来る)があると最高だ。

実際発売されればスペックでは見えない素晴らしいものが見えてくるかもしれないが、その手の話の大半はソフトウェア側が担当する事だ。

そういう意味ではiOS11は楽しみだ。
ソフトウェアがアップデートされれば気分一新、新しいスマホを手に入れた気分になれる。

Androidの後追いだ、パクりだと言われまくっているが、限りあるスペースと動作で実行出来る幅には限界があるのである程度は仕方がない。

10月27日予約、11月3日発売(iOS 11は9月19日からアップデート可能)

コメント