【必読】株主優待でZ.comWPを契約する際気をつける事

ブログ

結論から言うと私は契約方法をミスってしまって余計な費用が発生した。

しかし、上手くやればZ.comエントリープラン最初の13ヶ月を135円/月で、以降52円で契約出来る事が分かった。

GMOインターネットの株主優待を使って、安く独自ドメイン+レンタルサーバーでブログを書きたい人はしっかりとこの記事を読み、私と同じミスをしないよう気をつけてくれ。

スポンサーリンク

Z.comとは

Z.com WP。それは日産がフェアレディZという車の特設サイトに使っていたものだが、2014年、GMOが8億円で取得したURLだ。

現在は主要なトップドメイン(.comや.net等)では3文字以下のドメインは取得出来ず、ルールが固まる前のインターネット黎明期に放出されたごく少数の1文字ドメインが存在する。(.comと似ている.coは1文字取得出来るようで、例えばt.coはTwitter社が取得している)

1文字ドメイン名について】

 ドメイン登録時の登録可能な最低文字数は、各ドメイン(TLD)によって異なりますが、現在は一般的に2〜3文字とされています。そのため、紛らわしいドメインが生まれることがないのもメリットの一つです。現在世界で存在するとされている1文字ドメイン名は、「z.com」の他に、「i.net」「q.net」「x.org」「q.com」「x.com」があります。価値の高いドメインは高額で売買されることが多く、これまでに最も高額で買収されたドメインは「sex.com」で、1300万ドル(2010年10月当時の日本円換算:約10億6,600万円)という金額で買収されています。この度の「z.com」取得額は、世界のこれまでの高額ドメイン売買に匹敵する価格となります。

 

現在GMOは覚えやすいZ.comブランドを使って世界進出を計画しているようだが、現時点ではウェブホスティング(レンタルサーバー)向けに使っている。

GMOはグループが各々似たようなサービスを行っておりGMOクラウドホスティング、XSERVER、ロリポップ等のホスティングサービスをもっている。

近い業種の企業を買収するが、会社もサービスも集約させないGMOだからこそ起こるややこしさだ。

そんな中、どれが一番”良い”のかは単純にコストで計算出来ないのと、各サービス毎に随時増強・改良が加えられるので昨日の情報が今日も正しいとは言えないがともかく私はZ.com WP エントリープランを1年契約した。

価格が一番の理由だが、ブログ書くならWordpressが一番情報が多い。

その上でSQLサーバー等ブログ以外のインフラ部分を意識せず作れるWordPress専用サーバーが使えるのは非エンジニアからするとありがたい。



月額料金460円のWordPress専用サーバーを契約

Z.comは簡単にウェブサイトが構築出来るStudioと、WordPress専用のWPの2種類がある。

当然Studioの方が自由度が高いがWordPress(ブログ)でしか利用予定が無いのであれば金額面以外でもソフトウェアの自動アップデートやセキュリティ対策をしてくれるWPの方が良い。

WPは月額料金460円のエントリープラン、1240円のベーシックプラン、2200円のビジネスプランがあり、立ち上げられるブログ数やディスク容量等が変わってくる。

エントリープランのデータ転送量は15GB/日である。私のブログは画像が多いが9月に書いた75KB、85KB、97KBと100KB以下だった。

15GB≒15,000,000KBなので、15万PVまでは耐えられる計算だといえる。

その10倍の1MBの記事がバズられたとしても1.5万PVまでOKのため個人ブログなら十分だろう。

オートスケールとはTV等で紹介され瞬間的かつ爆発的にアクセスが増えた際、自動的にミラーサーバーを立ち上げ負荷分散をしてくれる機能だ。

あるに越した事はないがケース研含め、この記事が気になって読んでいる方のブログであれば杞憂だろう。

6ヶ月以上まとめ払いする事で割引になり、1年払いであれば400円とさらに安くなる。

ここまで読んで、色々レンサバの比較検討されている方なら、同じGMOグループのロリポップの方が安くすむのでは?と思われたかもしれない。

Z.com WPはGMOインターネットの株主優待が適応可能

今回私がZ.com WPを契約した理由は、GMOインターネットの株主優待が使えるからだ。

GMOインターネットの株を100株以上持っていると、半年毎グループのサービス利用料最大5,000円を割引(実際は後からキャッシュバック)もしくはアカウントに5,000円チャージしてくれる。

以前はロリポップも使えたのだが2014年で対象から外れてしまった

現在GMOインターネットの株主優待が適応出来るのは以下。


ここにあるクラウド・ホスティングの中でZ.comが一番安い400円(税別)/月~からのプランがある。

現在初期費用無料キャンペーンをやっているため、1年契約で5,184円(税抜4,800円)で契約出来た。

大きなミスをしてしまった

以前お名前.comでドメインを取った際、一旦支払いをした上でのキャッシュバックだったため、今回も先にクレジットカードで支払いをした。

てっきり後から戻ってくるものだと思っていたが、Z.comに関しては、アカウント5,000円分チャージとなり、キャッシュバックは行われない

つまり、私の支払った5,184円により、1年分の共有サーバー代を支払った上で、それとは別に5,000円分のチャージが付いたのだ。

大失敗である。

一方で、株主優待を使うのにアカウントID、今回の場合は”Z.comアカウント”が必要なため、契約が先で、後からキャッシュバックアカウントチャージ申請が必要となる。

1年契約を5,184円で行い、5,000円戻ってくるので、年184円で契約出来ると思っていたが残念ながらそうもいかない。

一番安く済まそうとすると、まずは最低価格の1ヶ月分、460円をカード払いし、アカウントを取得した後に5,000円のチャージ申請を行う。

コンソールに入り、支払い設定からクレジットカード払いをOFFにする事で、次回以降の決済がチャージから行われる。

ただし、そのままだと月払いとなり、毎月460円かかってしまう。

そこで、サーバー設定に行き、契約期間を1ヶ月から12ヶ月に変更する事で、2ヶ月目から1年払いの割引を受けられる。

自動更新がONになっている事を確認しておこう。

 

結局いくらで借りられるのか?

私の時は初期費用(1,000円)無料キャンペーン中だった。それが終わった後は2ヶ月分サーバー代無料キャンペーンを行っていた。

そういったキャンペーンが一切無いと仮定した場合、初年度(正確には13ヶ月間)1,761円支払う必要がある。

432円 x 12ヶ月 = 5,184円
5,184円 ー 株主優待チャージ5,000円 =184円
差額184円 + 初期費用1,080円+初月のサーバー代497円= 1,761円(年)
1,761円 ÷ 13ヶ月 = 135円(月)

私はミスったが、WordPress用レンタルサーバーが月135円で借りられるのは大きい。

もし、初期費用無料キャンペーンがあった私の状況で正しい動きができていれば、
初13ヶ月681円。
つまり月52円程度で契約出来ていた。

翌年以降は初期費用やアカウントを作るための単月契約は不要なため年184円(=15円)となる。

このZ.com WPエントリープランのおかげで、半年に一度年間契約し、残りの半年を使って、お名前.comでドメインを購入すればほぼほぼ無料で独自ドメインを使ったWordPress環境を構築出来る。

また、ドメイン取得する機会がそれほど無いのであれば、お名前.comより高くなるケースが多いがZ.com内でドメインを買う事も出来る。

その場合、本当にチャージから買えるのかは実施していないので今後確認したい。

もしそれが出来れば、年10,000円のチャージの中で色々出来そうだ。
例えば、Z.com WP エントリープランで年5,184円。残り4,816円。

.comドメインだと9/6現在1,280円で年間契約が出来るので3年分契約してもお釣りが出る。(更新料も1,280円と仮定)

つまり、GMOインターネットの株主優待をZ.comに全振りし、初年度以降1円も使わずに独自ドメインサイトを3つ運営出来るという事だ。

しばらくZ.comの管理画面をいじって勉強し、また続報記事を書きたい。

書きました

Z.com独自ドメインは株主優待で購入可能!
先日WordPress専用レンタルサーバー、Z.com WPはGMOインターネットの株主優待で激安利用出来るのかを調べたところ、 契約時のみちょっとしたコツが必要だが、激安でサーバーが借りられる事が分かった。 また、whois代

コメント