1000円以下!首掛け7枚羽扇風機

寝かせ携帯を活用する方法

Uncategorized

先日auのガラケーを長期間寝かす事で、MNPの自転車操業から抜けだそうという事を書いた。

今日はその2年間寝かせるガラケーの有効活用法を考えたい

スポンサーリンク

寝かせ携帯の電話番号を活用する

今やLINEや楽天でんわ等の登場により以前ほど電話番号の重要性はなくなったが、親族や友達以外とは電話番号を使う。

例えば、ヤフオク等をやっていると、お互い電話番号を連絡するのが習慣となっている。
本名や住所が無いとモノが送れないので仕方がないが電話番号は基本使わない。
私は出品オンリーなのだが100回以上取引してきて電話があったのは1度きりだ。
北関東なまりの年配の男性から「配送よろしくお願いします」とかかってきて凄く怖かった。

また、お店を予約する際、緊急連絡先として携帯番号を聞かれる事もあるだろう。
私は男なのでそこまで気にしないが、女性の場合それも教えたくないというのがあるのではないだろうか。

その他、インターネットショッピング等色々なところで電話番号を入力するが基本的に電話は来ない。

そういうところに記載するための番号として寝かせ携帯を使おう。

着信転送サービスを使う

auの場合着信転送サービスは無料だ。

転送の種類が選べるが、フル転送で良い。

auのガラケーで 1424+普段使っている携帯番号→発信  で設定出来る。

後はauガラケーの電源を切っておいても、SIMを抜いて端末を売ってしまっても普段使っている携帯電話に転送される。

普通に相手先の電話番号も表示されるし、相手先が転送されていると気づく事もない。
auガラケー番号から発信は出来ないが受信は困らない。

Aさんは寝かせ携帯に電話してるつもりだがBさんはメイン携帯で受けられる。

万が一その電話番号にいたずら電話が来たりして使いたくなくなったらメイン携帯から
090-4444-1420に電話して寝かせ携帯番号、暗証番号と入力すれば転送されなくなる。

しつこいナンパの相手をかわすのに使ってもいいかもしれない。
寝かせ携帯番号を教え、ちゃんと自分の携帯に相手の番号が出ている事がわかれば満足するだろう。
その後、1ヶ月ほど転送ストップしておけば良い。

男でもあまり仲良くなりたくないタイプの人に限ってしつこく連絡先聞いてきたりする。
そういう人には寝かせ番号を教えておこう。

デメリット

デメリットは寝かせ携帯からメイン携帯までの通話料がかかる事だ。
プランEシンプルの場合20秒で30円かかる。

頻繁に電話が来るおそれのある相手からの着信には向いていない。
あくまで”基本的にはかかってこない相手用”だ。

しかし、メイン携帯がauであれば「家族割」を組む事で伝送時の電話料金が無料になる。

寝かせ携帯のメールアドレスを活用する

携帯のメアドも今やほとんど使わなくなった。
一方でお店の割引を受けるため等で携帯のメアド記載必須だったりする。

そんな時に気軽に使える携帯アドレスがあるとありがたい。

Webメールを使う事でスマホのブラウザ経由でezwebアドレスにアクセスしよう。

Webメールにログインして見に行かなければ届いた事が分からないので
基本は広告メール受信用と考えておこう。

 

デメリット

メールアドレスを持つためにはEZwin(300円)契約が必須だ。
プランEシンプル-毎月割の残りがあるため226円で持てるが、
携帯のメアドをもう1つ持つために毎月226円払うのかというと微妙だ。

しかし人によっては価値があるかもしれない。
こんなに安く@ezweb.ne.jpのアドレスを手に入れる事は出来ないからだ。

まとめ

最近は「Vプリカ」等のプリペイドクレジットカードが流行っているそうだ。
ゲーム課金等にメインのクレジットカード番号を入れたくないかららしい。

スマホ1台あればもう1台分の電話番号だけなら0円。メールアドレスも必要なら226円で持てるのは安心感があると思う。
実は昨年の後半までにGRATINAを契約した人は毎月割が1,350円あった。
それであればプランEシンプル734円(誰でも割加入)+EZWin300円=1034円で下回るためメールも使い放題が2円(2015年1月まではユニバーサルサービス料3円)で持てるのですでに寝かせている人は契約をチェックしてみよう。
これから契約する人も嘆く必要はない。昨年だと1台あたり1万円程度のキャッシュバックだったのが今や2万超えとなっている。
むしろ今の方がお得と言える。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました