配車アプリ「GRAB」をタイで使って分かったメリットとデメリット

旅行

東南アジアで大流行の配車アプリGRAB(グラブ) はアプリで事前に乗車希望位置と下車希望位置を決め、事前に登録してあるクレカで決済(GrabPay)出来るサービス。

乗車前に高確率で電話かチャットが飛んでくるのが旅行者からすると敷居が高いが、なんとかなる!大丈夫だ。

 

Grab Taxi初期登録方法は以下をご覧あれ。

東南アジアで大流行の配車アプリ「GRAB」初期設定・登録方法を解説
配車アプリが世界的に人気だ。 日本でもUberが使えるが法律の問題で白タクが認められず、清潔で安全、過剰なくらい丁寧な運転手さんに目的地を伝えれば良いためあまり利用シーンが思いつかないのだが、世界的に配車アプリの人気は強い。 理
スポンサーリンク

バンコクのタクシーはプチボッタクリ?

タイのタクシーの大半は、頭に「TAXY-METER」と書いてあり、日本同様の距離に応じて料金を支払うメーターを積んでいるのだが、あやしいので乗り込む前に『メーターOK?』と聞くも「ウェアー?(どこまで?)」『●●ステーション』「150!(150バーツだ)」みたいな感じになる。

相場が分からないが絶対ふっかけられてるだろう。そこから多少の交渉で少し下げて乗るのだが無駄に疲れる。

また、そもそもそんなに英語通じないのでホテルや目的地のラストワンマイルのニュアンスが伝えにくい。

GRABなら最初に乗りたい場所と降りたい場所を指定出来るので安心だ。

また、GRABのドライバーは全員GRAB社による面接が行われており審査されている点も安心出来るポイントだろう。

GRABを使ってみた

バンコクは比較的電車網が発達しているとはいえ、まだまだタクシーでないと行けないところも多い。

バックパッカーの聖地と呼ばれているカオサンロードもそうだ。

カオサンロード近くにあるゲッコーカフェでランチをする事になったので初Grabしてみた。

まず、乗りたい場所として青丸を押すと現在地が表示されるので、そこから少しずらして車が通りやすそうな場所をピンした。

目的地は文字で「Gecko Bar」と入れると表示された。

GoogleMapのデータが使えるようで、ほとんどの場所が文字入力で検索結果に出てきた。

この時に、想定運賃も表示される。

Just Grabにしておけば、GrabCar(白タク)とGrabTaxi両方同時に検索出来るので、基本はこれでOKだ。

ついでに前回の記事で紹介した通り、Grab Pay登録時にもらったプロモコードを入力した。

※初回利用に関しては以下から初回限定フリーライドチケットを入手した方がお得。

Grab Referrals
Referral Service in Grab

想定運賃が188バーツから88バーツとなった。

 

JustGrabをGrabTaxiにした方が想定運賃が安かったので、GrabTaxiにしてみた。

結論からいうと、値段差はほとんどないのに乗れる対象が一気に少なくなるのでこの選択は間違いだった。

また、まったくもってタイ語しか出来ない人が来ても困ると思い、メモに「easy english ok」と書いたが多分運ちゃんはメモほとんど見てないので無視でいい。

 

Bookを押すと近くのタクシーのマッチングが始まる。

マップ上にはいっぱい車が表示されているのに全然マッチングしない。

2分くらいかけてようやくマッチングしたのだが数分後にキャンセルとなった。余計な事書いたからか。

GrabTaxiをJustGrabに戻して再検索。また結構長い時間待たされた。

改めてマッチングしたのはこの人。読めねぇ。

ただ、トヨタ車でナンバープレートが7138だとわかった。

そしたらその車は現在乗客がいて、送り届けてからになるので想定到着時間が19分後だった。遅せぇ!

ノラタクが”どこ行くんだ?乗れよ”感出してくるし・・・。

チャットで補足が必要

ちなみにスクンビットプラザという、こんな感じの寂れた韓国人向け商店前だったため時間を潰す場所もない。

すると突然チャットが来た。

ピンク色のタクシーで向かうと。

スクンビットプラザ前で待つと伝えた。

 

ようやく先客を降ろし、こちらに向かっている。

 

何色の服を着ているか?と聞かれたので

黒のアウターにジーンズ。日本人男と女と特徴を伝えた。

Grabでは一般的にチャットが送られてくる。向こうも非英語圏の人間であり車運転中だ。難しい事は送ってこないので苦手意識を持たず文法とか気にせず、簡単な単語で回答すれば良い。

GrabTaxi到着

ピンクのタクシーは、ボンネットにGRABマークが入った専用車だった。

「サンキュー」といって乗り込んだ。

目的地はアプリで伝えてあるため問題ない。

たまになんか言われて英語なのかタイ語なのかわからんが多分目的地の事だろうから「カオサンロード」と言っておいた。

ただ、高速道路(highway)を使っていいか?はよく聞かれる。

タイの下道はむちゃくちゃ混雑する。高速道路は20~50バーツとかかっても200円程度なので聞かれたら乗る事をおすすめする。

高速代などのオプション料金もGrab Payで支払える。

ドライバーによっては高速料金はその場で現金で払うよう言ってくるが現金ないので「ノーキャッシュ. チャージ クレジットカード」と言えばそのように対応してくれる。

 

ドライバーはドライバー用GRABアプリによって監視されており、道を外れるとアラートが鳴る。

乗車中はIn Transit(乗車中)モードとなり今の位置が分かるし、メニューから緊急通報も出来る。

この安心感は普通のタクシーでは絶対無理だ。

結局ここからは小道なので歩いてくれと側道手前で降ろされたが、距離による課金だし、無理やり入ってくる車もあったが確かに入りにくい場所だった。

 

降りると評価画面となる。

 

よほどの事が無い限り星5を付けておいてあげよう。コメントは別に無くても問題ない。

おそらくこちら側も評価されているのだが、自分の評価は分からない。

電子レシートも届く

ちゃんといくらかかったのか後から分かるのが良い。

詳細はまったく読めないけど。

Google翻訳で見てみたが、下から3つ目のTHB 50.00 ค่าทางด่วนและอื่นๆは「高速料金など」だそうで、通常運賃以外のオプション代金がここに入る。

たまに電話がかかってくるのがデメリット

基本的に、Brabすると、ほぼ100%ドライバーからチャットか電話がかかってくる。

アプリ内通話ではなく、アプリに登録してある電話番号にかかってくるため現地電話番号を登録しなければいいのだが、キャンセルされる可能性がある。

Note to driverの欄に「No Telephone.Chat Please」などと書いておくのも良いが、ドライバーが話したいのは「どこで乗せるか」だけだ。

相手も運転中で電話の方が良いので出来るだけチャレンジしてみよう。

タクシー乗り場が激混み!でもGrabCarなら問題なし!

カリプソ・キャバレー・バンコクという有名なニューハーフショーを見に行ったのだが、その帰りタクシー乗り場に行くと長蛇の列だった。

上記写真は先頭だが、その後ろは遥か彼方に続いていた。

普通に待っていたら1時間以上かかりそう。

タクシー乗り場以外にも帰路につく人で道がごった返しており歩道と車道の間に係員がたちロープを貼る事で信号無視や危険横断を防止している。

GRAB TAXIを呼んでもタクシーはタクシー乗り場から乗れと言われそうだ。そしていくら配車したとは言え、列を割り込んで乗るのはトラブルになりかねない。

こういう時こそGRAB CARだ。

GRAB CARは日本でいうところのハイヤーと説明される事が多いが、ようするに普通の(綺麗な)車なのでタクシー乗り場で乗る必要がない。

あえてタクシー乗り場から少し離れたケンタッキー・フライド・チキン前を指定した。

 

すぐにマッチングし、電話がかかってきたのだが一切英語が通じないドライバーだった。

タイ語でなんか言ってるのだが全然わからん。

しかしさっきも書いた通りドライバーが知りたいのはどこで会うかだ。

「ケーエフシー、ケンタッキーフライドチキン!」と言ってると

「あー。ケンタッキー✖✖✖~。OK、OK」と言われた。

詳細を話し合えない事がわかったが、どこを走っているかはスマホから見られる。立ち止まるのを許されないくらい人で溢れているケンタッキー前をウロウロしながら車道を走る車のナンバープレートを確認。

普通の黒のセダンだった。

向こうもこちらを認識し、側道に止めるも、係員がここに止めるなと追い払おうとするので、こちらも急いで車道に出ようとしたがそれも係員に制止された。

車を指さしながら「マイフレンド!」というと紐をくぐらせてくれた。

これはまさにGrabの良い使い方でクタクタな中長時間タクシーを待ち、旅行者料金を払わされる事なくホテルに帰る事が出来た。

道を外れるとアラートが鳴る

Grabのドライバーは、ドライバー専用のアプリを使っており、客待ち中は、近隣でGrab要請があった時の通知を受け、一番最初に「俺が迎えに行くぜボタン」を押した者のみ、利用者とチャットや電話が出来るようになる。利用者を乗せた後は、行き先に最適な道程でカーナビとなる。

そのカーナビのルートを外れるとアラート音がドライバーのスマホから鳴る。

先程のカオサンロードからカリプソキャバレーのあるアジアティーク・ザ・リバーフロントに向かうためGrabしたのだが、細い道に呼び出したので大通りまで出てきてほしいとドライバーから電話があった。

そのドライバーは英語ペラペラで、初めてのタイ旅行だが王室は見ていないという話をすると、通り道なのでぐるっと一周してあげると言われた。

当然指定ルートから外れるのだが、ドライバーのスマホから結構大きめの音でピコンピコン鳴り出した。

爆音とまでは言えないが指定ルートに戻るまで消せないらしく鳴り続けた。

利用者側のアプリからも鳴ればよいのだが今のところその機能は無いようだ。が、もし悪質なドライバーだった場合、普通のタクシーならなかなか気付けない回り道に気づけるし、アプリから緊急通報も出来るので良い機能だ。

 

なぜかGrab Payが解除されていた

旅行最終日は、ホテルチェックアウトから飛行機の時間までどう過ごすか悩む。

汗をかいた状態で飛行機に乗りたくないので日本人にも人気のマッサージ店、アジアハーブアソシエーションに行く事にした。

この時の所持金は230バーツ(800円)くらいで、空港で飲み物買ったりして終わりかなーという感じだった。

今回はスーツケースもあるのでGrabでホテルの車止めまで呼んだ。ジャストグラブばかり使っていたが、初回のピンクタクシー以外全部グラブカーが来た。

余談だが、今回のドライバーはニューハーフの方で、改めてタイを感じた。

目的地についてコップンカーして去ろうとすると、金を払えと言う。

GrabPayだからクレカで支払えているはずだと言うが、

これ見て、現金払いって書いてるでしょ。と、タイ語で書かれてるから分からねー。

しかし、GrabPayの設定画面に行くと確かに登録し、今まで使えていたクレカ番号が消えていた。

 

幸い220バーツだったため、本当にギリギリ持っていたのでそれで支払いサワディーカーした。

なぜかクレカ情報が消えている

というわけで、今回たまたま現金を持っていたから良かったがこの上部真ん中部分にVISAなど登録したクレカのマークが出ている事を毎回確認の上予約をした方が良いだろう。

 

時間指定予約が出来なかった

右上に時計マークがあり「Now」と書かれている。

空港到着は余裕をもっておきたいので直前に焦らないよう事前予約しておこうと思ったのだが時計マークを押すと「Advance booking is not available with the current vehicle or service type.(特別予約は選択されたサービスでは利用不可です)」と表示された。

混み合う時間帯だったからなのか、タイでは時間指定サービス出来ないのか不明だが、少なくとも毎回使えるわけではない点注意が必要だ。

 

混み合う時間は値段が上がる

右端に^を3つ重ねたマークが出ているが、どうも混み合っていると値段が上がるようだ。ただ、数分時間を置くとその割増マークが消え値段も安くなっていた。

表示される運賃はあくまで想定であり、支払額は降りる際に確定する。

予約した時に割増マークが出ているか否かで料金が変わるのか、それも目安で実際は乗車時点で決まるのかはいまいちよく分からなかった。

 

結論

アプリが全部英語表記かつ、ドライバーと電話・チャット対応をしなければならない可能性はデメリットだが、普通のタクシーでも下車位置を伝える必要があり、ニュアンスが伝わりにくい。

どうしても電話で通じなかったら、「チャット プリーズ!」といって電話を切って、チャットにしてしまえば簡単な言葉は自動的に英語に翻訳される仕組みがあるし、いざとなればWeb翻訳を使えば良いのでそこまで難しくないだろう。

けっして普通のタクシーより安くなるサービスというわけではないが、適正価格で乗れる安心感が得られるというのが一番大事だと思う。

 

ぜひとも使ってみてほしい。

※以下から取得出来る無料乗車体験紹介コード初回しか使えないので注意!

Grab Referrals
Referral Service in Grab

コメント