iPhone SE2は出るの?出ないの?SEの発表は3月だよ

スマホ関連

2016年に発売されたiPhone SEがAppleのオンラインサイトから消えた。

先日のApple新製品発表イベントで継続販売リストに載らなかったためだ。

新iPhone発表のApple Special Eventにワクワクしなくなってしまった。
...

キャリアのサイトにはiPhone SE表記が残っているが、ここ半年くらい如実に最終処分でバラまいていた印象があり在庫が残っているのかは分からない。

 

仮に売り続けたとしても今からSEを買うのはスペック的に厳しい。iOS13以降に対応するかも怪しいし、SEからSEに買い換えるくらいなら2018年末までApple Careに入っていなくても3,200円でバッテリーを新品交換してくれるサービスを使った方がよいだろう。

iPhone のバッテリーと電源 - Apple サポート 公式サイト
バッテリーの消耗が早くなっていませんか?iPhone の修理サービス情報や、iPhone の駆動時間を延ばす方法をご案内します。

※11月頃から年内予約が取れなくなってきている模様

iPhoneバッテリー交換3,200円はもう間に合わんが間に合わんでもいいよ
...

 

iPhone SEを現役で使っている人のSNSを見るとiPhone SEの後継機種が発表されなかった事に落胆し、大手メディアは”小型スマホの絶滅“と書いた。

さようならiPhone SE。これで小型スマートフォンは絶滅した|WIRED.jp
アップルが新しいiPhoneの数々を発表したが、そこにはコンパクトな「iPhone SE」の後継モデルの姿はなかった。小型の

確かに2017年からiPhone SEのNew Modelが出る!みたいな感じで謎のハイクオリティーコンセプト画像(妄想)が出回ってみんなワクワク→発表されずがっかり

でも2年に1回かもしれない!→2018年9月にiPhone Xと同じ大きささらに大きいのむっちゃ大きいの3種類出すよ~。となり今回の小型スマホガチ勢の悲しみは形容詞難い。

しかし諦めるのはまだ早いと思っている。

 

スポンサーリンク

iPhone SE発表時を振り返る

iPhoneSEが発表されたのは、iPhone 6s/6s Plusが発表された2015年9月9日の半年後の2016年3月21日

iPhoneの新作は毎年9月に発表するのが定例であるが、SEだけは別扱いだったのだ。

実際iPhone SEは、価格メリットもさることながら日本人のミニマリズム基質にあいまってかよく売れた。

なので、2019年3月頃、新型iPhone SE発表は十分ありえると思っている。

ただし、さすがにもうiPhone5の金型は使わないと思うので新規に作り直し価格は上がる。

なんの根拠もない、スペック予想

  • 価格:アメリカで$599、日本では7.9万円
  • OS:iOS12
  • CPU:Apple A10 Fusion 2コア+2コア(クアッドコア)
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:64GB、128GB
  • ディスプレイ:4.2inch 1334 x 750
  • カメラ:12.0Mピクセル, 裏面照射型センサー
  • 前面カメラ:7Mピクセル
  • その他:Lightning,NFC(Felica),タッチID(第2世代)
  • サイズ:123 mm x 60 mm x 7.2 mm
  • 重量:130g

画面はサイドをベゼルギリギリまでにして4.2インチ。

ノッチデザインにはせず、ハードはiPhone7をベース(NFCは8ベース)にして2019年9月でiPhone7の販売終了。

※iPhone7に搭載されたNFCは日本版しかFelica対応していなかった。iPhone8からは他国版も対応したので海外旅行がてら海外版を買うのもありだ。(対応周波数に注意)

実現可能性

よく、Appleは日本を捨てた。今は中国だ。

なんて言われるのだが私はそうは思わない。

確かに中国人は大きいスマホが好きなようで、昨今のスマホの大型化に寄与している可能性は否めない。

6.5インチ「史上最大のiPhone」で中国を狙うアップルの思惑
アップルが昨年発売した「iPhone X」の不振ぶりは度々報道されている。1000ドルを超える高価格が災いし、iPhone Xの販売実績はアップルの想定を大きく下回るものになった。しかし、中国市場においてiPhone Xは善戦を見せている。

 

しかし、iPhone7発表時に日本の独自規格であるFelicaに対応した時点で日本を重視している事が分かるし、実際App Storeでの課金額は日本がダントツの1位だ。

Japan Leads Per Capita App Store Spending at More Than 0 Per Person Since 2012
Sensor Tower Store Intelligence data shows that Japan has spent 4 per capita on Apple's App Store since 2012.

ただし、(ソースが見つからなかったのだが)課金者は大画面スマホを使う傾向にあり、小さい画面を求めるユーザー=あまり課金しないというデータから大型化が進んでいるのではと思う。

はやり大画面の方が動画配信サービスや漫画等のコンテンツを見やすい。

とはいえ、元々課金しなかった人のスマホ画面を強制的に大きくしたところで課金してくれるわけではない。(正直大画面を体験させる事で、多少上がる気もするけど)

 

ガジェット好きの ケースけん筆者でもiPhone7に満足し、買い替えたいと思わない。ましてや重くてデカくて高額なハイエンドモデルしか無いとなると、ライトユーザーや小型スマホがほしいユーザーからするともはやアイフォンじゃなくていいんじゃないかと思うだろう。

 

というわけで私は十分新iPhone SEリリースの可能性があると思っている。

割れた画面をごまかしながらiPhone SE2の登場を待っている皆さんはもう少しだけ信じてみないか?

 

電子マネーが使いたい?QRコード決済なら使えるよ

2018年12月18日追記

iPhone SEユーザーの不満はApplePayに対応していない事ではないだろうか。

コンビニでタッチ決済出来る楽さは、長らくおサイフケータイに対応しなかったiPhoneが、7で対応して手のひら返した者も多いだろう。

ただ、最近は楽天PayやLinePay、そしてPayPayといったQRコード決済が出てきて、だいぶ店舗側も対応しだした。

 

これらのサービスは今持っているiPhone SEでも使えるのでまだ使った事の無い人はチェックしてみよう。

特に、2018年12月4日に行われたPayPayの20%or全額キャッシュバックは普段なかなか取り上げられないテレビのニュースにも連日紹介されるほどの衝撃があった。

PayPayで支払うと20%戻ってくる!年末年始の本命はこれかも?と思ってたら10日で100億配り終えて早期終了
...

残念ながらこちらは早期終了してしまったが、LinePayが近いキャンペーンを12月31日まで実施している。

LinePay利用で20%以上還元のPayPay下位互換キャンペーン始まる!
...

 

QRコードは戦国時代を迎えている。

来年には、メルカリも新決済サービス参入を予定しており来年以降もこのような利得性の高いキャンペーンは出てくるだろう。

今のうちから使える準備をしておこう。

最近すぐ充電が切れてしまう人は

最近バッテリーの減りがヤバい!って方は冒頭に書いたバッテリー交換プログラムがおすすめ。ただ、11月頃から年内予約が取れない!という声が多くあがっており、今から動いても難しいだろう。

iPhoneバッテリー交換3,200円はもう間に合わんが間に合わんでもいいよ
...

 

いずれにせよ、画面割れ等があると対応してもらえないのでモバイルバッテリーをチェック

2017年11月時点での最強モバイルバッテリーを探す
...

 

持ち歩くケーブルは100均で売ってる以下がおすすめ

100均で売ってるLIGHTNING & MicroUSB両対応ケーブルがヤバい
...

 

iPhone7がY!、UQモバイルに登場予定

完全に蛇足な情報だが、今iPhonSEを使っている人は格安SIM契約者が多いのではないだろうか。

ワイモバイルUQモバイルが12月20日からiPhone7の取り扱いを開始する。SEユーザーからすればデカいと思うだろうが、今やiPhone7,iPhone8ですら小さい、軽いスマホ扱いになっている。

実際私もiPhone7ユーザーだが、ギリギリ許せるサイズだ。しかもApple Payが使える。ストレージも32GBと128GBなので、iPhone SEの64GBでは厳しいと思っていた人には朗報だろう。

一回り大きいのが許せるならこちらもチェックしてみてほしい。

 

 

コメント