Twitterで毎日お得情報発信中!是非フォローお願いします
PR

iPhone15シリーズ発表!これは買いなのか!?

Uncategorized
この記事は約10分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

2023年9月13日午前2時(日本時間)より、Appleの新製品発表会があり、例年通りiPhoneの新作である、iPhone15、iPhone15 Plus、iPhone15 Pro、iPhone15 Pro Maxが発表された。

事前予想・リーク情報を超える話はなく、細かいスペックネタはあまたあるニュースサイトにまかせてユーザー視点でコメントしていきたい。

 

スポンサーリンク

Lightning→USB Cへ

コアなユーザーからすると待望の充電・通信ポートのUSB-C化だろう。

EUの法律に基づき、Appleが折れた形だと言われている。

私含めガジェット好きはiPhoneだけのためにLightningケーブルを使っていた。

MacbookやiPadはすでにUSB-C化されていたためApple大好きっ子でもええかげんLightningやめろやと思っていただろう。

Androidはもちろん、よほど古い機種でない限りWindowsでもUSB-C充電が一般化されているので、出先や職場でiPhoneの充電なくなりそうなのにLightningが無くて詰んだ!みたいなこともなくなるだろう。

個人的には大歓迎である。これだけでも乗り換えの価値がある。

そういえばガラケー時代、docomoやau、ソフトバンクで本当は充電ケーブル共通化出来るのに、わざとでっぱりをつけてキャリア別でしか充電出来なかった。

なので、大学時代の私は当時入り浸っていた大学近くの友人宅のボーダフォンの充電器を勝手に削ってFOMAを充電してたな。

 

ただ、iPhone15(無印)と、15Plusに関してはLightningのままなのではないかという情報もあった。

Proモデルの優位性をあげるという意味もあるし、Proモデルを選ばないライトユーザーはiPhone1台で満足しているのでむしろ今までと違うケーブルにされちゃうと困るという発想からだ。

しかし、一気にUSB-Cに変えてきたことから一気にLightningを陳腐化させていくと思われる。

ちなみに小型モデルが好きな嫁はまだ当面iPhone13miniを使う予定なので、家の中で充電ケーブルどれだ問題が起こりそうである。(”見た目が大体同じ”USB-Cを無理やりiPhoneに挿そうとするタイプ。)

 

カメラ

Galaxy S23 UltraなどAndroidのフラッグシップモデルでは1倍、3倍、10倍ズームを搭載し、デジタルズーム併用で100倍が可能で、30倍程度なら実用的という評価がある中、iPhone14Pro/ProMaxでは3倍ズームだった。

日常的にズームいる?と言われると頻度は高くないが、特に子供がいると運動会などイベント時にあると助かる。

いや、それはビデオカメラや一眼買えよって人もいると思うがSONYの1型コンデジ買ってみたが全然使わなかったのだ。

スタビライザーやGoProもどきのアクションカメラなど色々買ったが、持ち歩かない。

だから小ささと軽さは正義と言い続けてminiモデルを崇拝していた私が、望遠レンズとアクションモードを搭載した重くてデカいiPhone14Proに買い替えたのだ。

404 NOT FOUND | ケース研
...
404 NOT FOUND | ケース研
...

そしてついに、5倍ズームを搭載した!と喜んだが、それは15 Pro Maxの話。

iPhone15Proは14Proと同じく3倍ズームとなったのはちょっと残念。4800万画素のメインカメラで1200万画素切り出しの3倍デジタルズームならそこまで違和感ないので、5倍くらい載せてほしかった。

 

ダイナミックアイランド

iPhone14Pro、ProMaxで搭載されたDynamic Islandが15Pro/ProMaxはもちろん無印iPhone15/Plusにも搭載された。

普段うまく隠しており、時にはわざと見せるUIで意識させないようにしている。

YouTubeなどの16:9の動画を横で見る限り左右に黒枠が入るのでダイナミックアイランドをそこまで意識することはないが、全画面で映画等を見ていると気になることもあるがまぁ慣れる。

Androidだとノッチ部分やカメラ部分に文字がかぶって読めないなんてことが結構あるが、iPhoneだとまず起こらないので実害はない。

YouTubeやMusic系アプリ再生中はダイナミックアイランドに収納されて、ダイナミックアイランドをタップするとその再生アプリに戻れるのはまぁまぁ便利。

iPhone15シリーズは買いか?

正直iPhoneは12シリーズで完成した感がある。

カメラでいうと11以降ナイトモードを搭載し、暗所に強くなったし、12以降であればMagsafe等も使えるので大きな感動はないだろう。

なので、ヘビーなゲームユーザーか、USB-Cを心待ちにしていた人、はたまた常に最新機種使いたい人くらいだ。

ただ、iPhoneはリセールバリューが高い。

私は23年4月に楽天でiPhone14Pro 128GBを135,810円で購入している。そしておそらく1万ポイントくらいは付いたはずだ。

ビックカメラ(ソフマップ)の買取サービスラクウルだと125,000円で買い取り中。

傷無し、バッテリー最大容量100%であり、おそらく満額買い取りしてもらえるであろうと考えると、半年間無料でiPhone14Proを使えたことになる。(楽天モバイルの回線契約セットで安価に購入しているので多少の持ち出しはあるが。)

 

どれだけ気に入っていても2年も使えばバッテリーの劣化が課題となる。

そしてiPhoneのバッテリー交換は数万円かかる。

売却などの手間はかかるが、価値が落ちないうちにつねに最新機種に乗り換えていくのもありだろう。

おすすめの購入方法はアップルギフト?

なかなか値下げされないiPhoneをお得に買う方法として、楽天スーパーセールなどの買い周り時に、大量のApple Giftを購入しておくという方法がある。

10店舗買いまわれば通常ポイントに加え店舗数x1%分の楽天ポイントがもらえるのだが、デジタルギフトカードも対象。

じゃあ10万円分でも100万円分でも買えるのかというと、1回のセールにおいての買い周りポイント上限が7000円なので、ツワモノ達は、1年を通して楽天セールで本当に欲しいものを買った最後の仕上げに上限値になるようApple Gift Cardを購入しているのだ。

上記例だと4万円分購入して、7080ポイント=17.7%。つまりそれだけ安くアップル製品が手に入るということだ。

そんな感じで22万円分ほど積み立てたので、204,800円のiPhone15Pro 512GBでもAppleアカウント残高で買えてしまうわけだ。

 

今から間に合わないじゃん。。。って方も、上記ほどお得ではないものの、いつ買ったってSPU分はお得。

以下からカートに入れてみてどれくらいポイント付くかチェックしてみよう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Apple Gift Card(10,000円)
価格:10,000円(税込、送料無料) (2023/9/15時点)

楽天で購入

Apple Gift Cardは1円単位で金額を決めて購入可能!

 

私の場合は10000円分購入で700ポイント獲得と出ている。

クレジットカードのポイント還元率は良くても2%以下なので絶対楽天経由のギフトカードゲットが良いだろう。

 

保証が欲しいならイオンカードで

と、まぁお得に買うならAppleギフトカードをちまちま買っておくのが良いのだが、ガッツリメインで使うとなると保証が欲しいと思うだろう。

でもApple Careは高すぎる・・・。

もちろん、初期不良やユーザー起因ではない不具合については1年間の標準保証があるが、例えば購入3ヶ月で画面割れとか考えただけでも恐ろしい。

そこでおすすめなのがイオンカードだ。

イオンカードは年会費無料だが、50万円までのショッピングセーフティ保険があり180日間偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)つまり、わざとではない画面割れや、盗難被害も保証してくれるのだ。

ショッピングセーフティ保険

クレジットカードでのショッピングがもっと安心に!!万一壊れても大丈夫!ご購入日から180日間商品を補償します。

保険内容

イオン銀行が発行したクレジットカードでクレジット決済により購入した1品5,000円以上の商品が対象。
偶然による事故(破損事故、火災事故、盗難事故)で購入日から180日以内に被害を受けた場合に補償する制度です。

 

対象カード 年間限度額
イオンカード・提携カード 年間50万円まで
イオンゴールドカード 年間300万円まで
付帯保険
...

 

180日以降の保証は無いわけだが、持ち慣れていない最初の数ヶ月が一番怖いわけだ。

私の例でいうと、とあるズボンのポケットにiPhone12miniを入れても問題なかったが、iPhone14Proの場合、自転車に乗ると重心やポケットの収まりの関係でするっと落としそうになった。こういうのはだんだん学習するが、買い替え直後に起きやすい話だ。

また、毎年新iPhoneに買い替えるのであれば180日保証はかなり安心感があるといえる。

また、イオンカードは1年間で50万円以上決済すると無料ゴールドカードにアップグレード出来る。(生涯で1回50万円達成すればOK)

生活費は家族が出してるので年間50万円も使わないかもなぁという人も、20万円近いiPhoneの購入に充てれば、残り30万円くらいであればいけるだろう。

ゴールドカードになれば年間300万円分のショッピングセーフティ保証が付くので、スマホに限らず電子機器系の購入はイオンカードに寄せるとかなり安心なのだ。

 

イオンカードは基本0.5%還元と楽天カードやPayPayカードなどの基本1%と比較してショボいが、ポイントサイト経由で作ると無料カードにもかかわらず結構高額ポイントもらえるので1枚作っておくことをおすすめする。

ポイントサイトはモッピー。東証プライム上場企業運営で、ユーザー数も多くおすすめ。

ちなみに私はこんな感じでポイント溜まってる。

1ポイント1円相当で共通ポイントや電子マネー、航空マイルなどに交換出来る。

モッピー詳細

 

404 NOT FOUND | ケース研
...

 

iPhone15海外版の購入は?

iPhone15シリーズは、1ドル142円~144円換算の価格設定となっている。9月15日の実際の為替は147.5円なので米ドルでは価格変化ないのに日本円では毎年価格があがって不満も多いがこれでも優しい価格設定といえる。

海外版のメリットはカメラのマナーモード時にシャッター音が鳴らないことだ。

これをいうと毎回盗撮がどうのと言ってくる輩が湧いてくるのと、私自身メインで使っているiPhoneは日本版なのだが、まぁ鳴らないにこしたことはない。

404 NOT FOUND | ケース研
...

Live Photosを使えば小さいポコンという音なので許容しているのだが、子供の寝顔をポートレート撮影したいなぁと思うがシャッター音で起きる危険性から諦めている。

 

で、話を戻すと海外版だが、私がiPhone13mini香港版を買った越境EC大手Expansysは23年6月頃からサイトが見られなくなり、SNSの更新がストップし、公式サイトではメンテナンスだと言い張っていたが結局夜逃げした。

404 NOT FOUND | ケース研
...

21年時点でも、かなり対応が怪しかったので今存在しても買わなかっただろうが、越境ECは日本の法律外なので危険を伴う。

日本国内にいて、海外版を比較的安心して入手するならイオシス一択だろう。

なんたって秋葉原を中心に複数の実店舗を構えているからだ。

iPhone13シリーズ発売時には大量の香港版を店舗に並べていた。

当然この記事を書いている9月15日時点では発売されていないので入手経路確保次第以下に並ぶだろう。

予想としては国内版の15%~20%高といったところだ。

 

現地調達もあり

iPhone13あたりの記事を書いた頃はコロナ禍で当面海外旅行などいけない時期だったが、数万円上乗せして買うなら香港やアメリカなど現地で買うのも良いだろう。

ただ、iPhoneはあまり対応バンドを意識しなくていいと言われているものの、毎回アメリカ版はあまり日本と相性良くないので、価格面、入手難易度面からやっぱり香港版がおすすめになると思う。

または日本と同じモデルであり日本から直行便があってカナダやメキシコほど遠くなく、アメリカなので一番定価が安いグアムでバカンスついでに手に入れるのが良さげか。

コメント