年に1度のAmazonプライムデー開催

20年使った親の携帯キャリアをワイモバイルに変更した話

スマホ関連

先日、母親の携帯キャリアをツーカーホン関西時代から20年以上使い続けていたauからワイモバイルに移行(MNP)したので何故auをやめたのか、何故ワイモバイルにしたのかを解説する。

世の息子諸君も多かれ少なかれ親の携帯やネット回線等の相談を受ける事が多いだろうから参考になればと思う。

スポンサーリンク

3大キャリアは48ヶ月契約時代に

最初からMNPしようとしていたわけではなく、現在2年半使っているiPhone7Plusのバッテリーの持ちが悪くなってきた事からiPhone XRに機種変更するつもりでauショップに向かった。

以前父の携帯をiPhone XRにしており大きさを理解しており、7Plusは縦に長過ぎて小さいカバンに入れにくい事を気にしていたのでちょうど良いサイズだったのだ。

20年使った親の携帯キャリアをワイモバイルに変更した話
...

ショップの待合席には多くの人が座っており、対応出来るまで1時間ほどかかるというので先にとりいそぎのiPhone XRのケースを100均に買いに行って時間を潰した。

1時間経って店舗に戻りiPhone XR 128GBに機種変更したい事を伝えると、48ヶ月分割前提で話が進んだ。

機種代が約10万円で、48分割により毎月2,000円ほど上乗せ。

ただし24ヶ月以降、機種変更して使用していた端末を引き渡す事で、残りの債務がなくなるので5万円ほどお得との事だ。

それをアップグレードプログラムEXと呼び、毎月390円かかる。24ヶ月で1万円弱。

解約月は今まで通り25ヶ月目に存在するが分割を長くして一見月額料金を下げ実質4年契約(というか次の2年後の機種変更も48ヶ月分割で390円も取られる)と以前よりますますややこしいプランになっている。

データ料金が従量課金のピタットプランと、無料通話なしのシンプルプランで話が進んでいく。

なお、歩くWikipediaと呼ばれる筆者でも、ややこしすぎるし頻繁に変わる携帯契約をアップデート出来ているわけでなく、自分を含めた家族の更新時にようやく調べだす。

みんな更新月バラバラの上、私ソフトバンク、父ドコモ、母au、嫁IIJmio(格安SIM)という地獄の組み合わせ。そら全キャリア詳しくなるわ。

そこで、「以前あった毎月割は無いのですか?後、3年目以降の債務がなくなるって言っても2年後にiPhone XRを5万円で下取りに出して手元からなくなる上auからMNPしにくくなるだけでメリット感じられないのですが。」

と私がいうと、口頭説明だけで機種変更させるのを諦めたのか以下の紙を出してきた。

従来プランであれば、2700円ほどの割引が入るとの事。

ただし、旧来の7GB使えるLTEフラットはLTEプラン(au同士は1:00~21:00通話無料。他は30秒20円)しか選べず、

データ1、データ2はカケホ(24時間通話料無料)しか選べず、

データ3以降からスーパーカケホかカケホか選べるとの事。

調べると、過去半年1ヶ月だけ1.3GB使っていたが、それ以外は1GB未満との事で契約するなら余裕を見ても2~3GBがベストだが、データ量を安くしたいと思うと通話料が高いプランしか選べない。

ちなみに上記紙の書き込みは話を聞きながら筆者が書いたもので、とにかく分かりにくい。結局高齢者含め情報弱者が高い金額を払わないといけない。

かく言う私もソフトバンクで旧来のホワイトプラン+7GB固定プラン契約だが、2ヶ月に1回、月末になると通信上限によるSMSが来るのでまさに7GB前後使っておりギリギリ月々割で購入したのでまだ納得出来る。

が、月1GB使うか使わないかの母親が選べるのが旧来プランで7,000円払って月々割を受けるか、新プランで3,000~4,000円になるが機種割引効かないで4年契約まがいなのが気に入らなかった。

この記事を書きながら知ったが、2018年にauは2年後の機種変更も4年契約を必須とするプランを出していたが、2年毎に4年契約という永久に抜けられない契約だった事から公正取引委員会から「独占禁止法上問題がある恐れがある」と指摘がはいり改定。
で、出来たのが2年後に解約すれば違約金はかからないけど機種代は全額支払いアップグレードプログラムEXで支払った金額は返ってこない上記プランだったようだ。
https://www.bengo4.com/c_8/n_8175/

親世代が気にするのは携帯メアド

その場で契約するつもりだったが、話を聞いて機種変する気が失せた。

そもそも親世代だとauWALLETも使いこなせず、三太郎の日などの特典も使わない(使えない)

実家で引いている関西電力グループのケイ・オプティコムが提供するケーブルテレビ及びインターネット回線とのセット割引みたいなのもあったが大きく下がったのは1年程度。

今も500円くらい割り引かれているだろうが。

元々(1990年代)通話とメールができれば良いと当時のツーカーで契約して以来の付き合いで、@sky.tkk.ne.jpというツーカーのアドレスが使えなくなって@ezweb.ne.jpのメールアドレスを作って以来15年くらい使い続けている。

もちろんiPhoneを使っている母親はLINEがメインだが、世代から付き合いのある人が未だガラケーだったり、テレビショッピングに半分騙されて謎のスマホ契約したけど使い方分からないから通話(いつもツメで画面を押して「反応しない」という)と携帯メールを見るのが限界なんて状態。

しかしついに携帯メール自体があるなら他社に移っても良いと言い出した。

長期休暇で実家に帰るタイミングでしか手伝えないので、25ヶ月契約と1ヶ月づつずれるのと、大手キャリアだと機種と回線を同時に考えないといけないので前回契約時も格安SIMに変えさせたかったのだが、とはいえ店舗があった方が相談しやすいし、時間帯によって速度が大幅に変動するリスクのある格安SIMを理解出来ない親に持たすのは難しかった。

ワイモバイルへのMNPを決意

その後、車を駐めていたイオンにワイモバイルがあったので流れで入店。

客がいなかったのかすぐ店員に話しかけられた。私が先程の紙や見積が入ったauの袋を持っていた事もあったのだろう。

「お乗り換えをお考えですか?」から、auでの話をしたところ、営業トークもあるが母親にピッタリだった。

  • 店舗がある(しかも頻繁に行くイオン内)
  • ワイモバイルとUQモバイルは速度に定評がある
  • 10分以内通話なら何回でも無料
  • 端末を自分で調達出来る
  • 携帯メアドがある
  • LINE年齢認証やキャリア払い等3大キャリア同等
  • SIMだけ契約なら2年間月400円ほど割引がある
  • GW期間中ならauの違約金1万円負担してくれる

さらに、私のYahooアカウントに紐付ければY!ショッピングでポイント倍増し、ヤフープレミアム無料となり、PayPay等のキャンペーンも有利になる。さらに月500円のエンジョイパック加入すれば初月無料+2ヶ月分の1000円キャッシュバックとの事。

母では使えないが、私が使うなら余裕で使いこなせる。

と、いう判断を一瞬では出来ないので一旦持ち帰って色々調べた上で母に説明。

意外とウケたのが「通話10分まで回数無制限で無料」。

母は自宅で講師をしているのだが、お昼はいつも出前を取る。また、細かな事でもとりあえず電話で確認する事が多いのでおそらく2~3分の電話を月に10回くらいはかけている。もしかしたら30秒20円換算で、1,000円くらいの価値あるかもしれない。

「他はよくわからんけど携帯メアドが使えるならいい。あんたの好きにして」との事。

ちなみに帰省の時間的制約があり店舗契約したが、オンラインでも加入可能だ。

なお、めちゃくちゃ気にしているメアド、@より前にau時代と同じのを取りたいけど無理かなぁ無理だろうなぁとしつこく言っていたし、@の後ろが変わるのと同じくらい@前を取りたがっていたが普通に取れた。

gmailのアドレスを取る際になかなか取れなかったのが記憶にあるようだ。数十億人が使うgmailから比較するとワイモバイルの人口等知れてる。

なお、ワイモバイルは、ソフトバンクでいう@softbank.ne.jpに相当する「メッセージ」で使える@ymobile.ne.jp と、@i.softbank.jpに相当する「メール」で使う@yahoo.ne.jpという2つのメアドをもらえる。

auでは、1つだけで「メッセージ」で送受信するか、「メール」でするか選べるのでメッセージにしていた。

ややこしいので@yahoo.ne.jpは使わせない(中途半端に理解させると2つを思いついた方でバラバラに使い、前送ったメールが見つからない!とか言い出しそうなので)ようにした。

ちなみにドコモの@docomo.ne.jpは「メッセージ」では受信出来ず、「メール」のみとなる。

今までと違うメーラーを使う事になるとストレスなので気をつけよう。

いくらになったのか

契約したのはスマホプランS(2GB)。2年間は+1GB利用可能。

快適モード、上限回数2回にしておけば、2GBを超えると500MB増量オプション2回まで無料で使ってくれるのでほぼ意識せず3GB使える。

2GBを超えた瞬間から増量オプション自動チャージされるまで一時的に128kbpsになると思われるがまぁ問題ないだろう。

なお、エンジョイパックも加入したが、これは必須ではないオプションのため今回の費用説明からは除外する。

乗換費用:1.6万円程度

au側の解約違約金(20年使ったが解約可能月じゃないので)1.08万円、事務手数料3,240円、MNP番号発行3,240円ほどで大体1.7万と、ワイモバイル側の事務手数料3,240円。ただし、ワイモバイル側が1万円負担してくれたので乗換手数料は1万円。

また、auのLTEフラットが200MBほど使うと上限の5700円となるので5/5に変えたがおそらくこれはフルでかかる。電話のLTEプランは多分日割り。なので大体6000円がかかる。

初年度:1,708円

初月はフルでかかって2ヶ月目から割引が入る。ワンキュッパ割で1年間1,080円引き、SIM単体契約特別割引で2年間432円割引。

IIJmio等の格安SIM3GB契約と同等価格だ。

次年度:2,788円

消費税8%前提だが、次年度はワンキュッパ割がなくなって2,788円となる。

それでも安い。

3年目以降:3,220円

初年度の2倍くらいになるが、これでもau時代の半額以下だ。

データ容量は2GBとなる。年々コンテンツのデータ量があがるので足りなくなるかもしれないが、その時はまた考えよう。少なくとも3大キャリアで使い続けるより圧倒的にお得だ。

※Enjoyパックに加入していれば、500MB付いてくるので加入後2年以内月3GB前後もしくは3年目以降2GB前後の利用であれば加入価値高い。

端末代は別

もちろん端末代は別でかかるが、それこそヤフーショッピングでiPhone XRを買えば、128GBが9万円くらいで5の付く日等を上手く活用すれば18%還元くらいで買える。

さらにKyashで払えれば3%上乗せ出来るが、1回の会計が5万円までしか使えないのでiPhoneでは難しい・・・。

が、実質7.5万円程度で手に入れる事が出来る。

取り急ぎ、auで使っていたiPhone7 PlusのSIMロックを解除して使う事にした。(実家にいる間に端末購入が間に合わなかったため)

相当前に機種でなければ購入後100日以上もしくは一括購入した端末はSIMフリー化出来るので親孝行キッズ達は気づいた時に実施しておこう。(親が海外旅行に行く時に高い海外WiFi借りるのを防げるぞ)

iPhone XSのSIMロックを解除する方法
...

 

結局いくらお得になるのか

auでプランそのままでiPhone XR 128GBを一括購入機種変して3年利用した前提で比較すると以下となった。(100円以下はざっくり四捨五入。たまに電話しているのでauに500円分通話料を入れた)

au

LTEプラン1,000円+ネット6,000円+通話料500円

毎月割-2700円/2年間

iPhone XR 105,000円(初月)

Y!モバイル

  • スマホプランS 3,200円
  • ワンキュッパ割 -1000円/1年間
  • SIM単体割 -400円/2年間
  • MNP費用:16,000円(初月)
  • iPhone XR :75,000円(初月)

3年間で12.5万円ほど浮く事になった。

すごいのが、初月違約金を払って、両方の費用が発生しているのにもかかわらずYモバイルの方が安い。(iPhone XRを7.5万で手に入れれたらだが。)

もちろん、もっとギガ数使う人では違う計算となるので2GB/月、通話はすべて10分以内に収まる人の場合だ。

UQモバイルじゃだめなの?

ワイモバイルと引き合いに出されるのがUQモバイルだ。

通話プランが複数あるなど細かい差はあるが、大まかな価格設定はほぼ同じだ。

その中でUQを選ばなかった理由は、実店舗が実家近くに無かった事、携帯メアドが有料な事、KDDI系だがeoとのセット割が無かった事、私がYahooサービスをよく使う事だ。

今回私の家のケースではワイモバイルが優勢だったが、状況によってはUQもありだ。

公式サイトで見比べてみよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました